« 第6回 THE BEATLES TEA PARTYまであと1週間 | トップページ | 第6回 THE BEATLES TEA PARTY 無事終了 »

2011年5月 9日 (月)

柳家小三治の名席

   

自分が初めて柳家小三治の落語を聴いたのはカセット・テープの『金明竹』でした。そのきっかけとなったのが、昔、文化放送の「セイヤング」で当時まだフォーク・グループの「グレープ」だったさだまさしが『金明竹』をやっていたのを聴いたことからでした。(さだまさしは学生時代、「落語研究会」に所属していたらしい)

『金明竹』は前座話ですが、その言葉の面白さは初めて聴いた人にとっても大変楽しめるものだと思います。今もCDで市販されている小三治の『金明竹』は飄々としていてとてもおかしい。ただしめずらしいことに途中でとちるのですが。

小三治を初めて生で聴きに行ったのが1992年6月頃だったと思います。東京池袋の芸術劇場小ホール。小さな場所でしたが、まだ小三治が出演する寄席でも、チケットが簡単にとれる時代でした。この時の演目が『茶の湯』。これには腹を抱えて笑いました。当時はまだ声がとおっていて聴きやすかったし、生き生きとした小三治を見ることができました。現在の小三治もいいと思いますが、ちょっと枯れてきた感じがします。90年代が小三治の絶頂期だったのではないでしょうか。それに近い頃の音源を以下のURL(ニコニコ動画)で聴くことができます。(音だけですが)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10277992

声の張りとといい、間といい、名席だと思います。これから小三治を聴いてみようという方におすすめです。(CDでも市販されています)

|

« 第6回 THE BEATLES TEA PARTYまであと1週間 | トップページ | 第6回 THE BEATLES TEA PARTY 無事終了 »