« ビートルズ関連のブログ/HP | トップページ | 九星術による政局 »

2011年5月30日 (月)

HEY JUDE論争エピローグ

大分前に、「HEY JUDEのコーラスがna, na, naかla, la, laか、はたまたda, da, daかに決着を!」といった記事を書いたのですが、今回で本当にトドメです。まずこのビデオをご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=8RknfaJT-DE&feature=player_embedded#at=452

いっぱい“NA”のカードがありましたね。(笑) ブラジルのファンはよくわかっています。これぞ真実!! そもそもこの論争は、私の友達がla, la, laと歌っていたのを「na, na, naだよ」と私が訂正を求めたことに始まります。かれこれもう20年近く前のことです。この間違ったla, la, la説に油を注いだのが、2008年にこのブログで知り合いのHさんが「絶対da, da, daです」とda,da,da説を主張したコメントでした。

私は1968年のHEY JUDEのビデオで、ポールの口の動きに注目し、na, na, naに間違いないと結論を出したのですが、リアルタイムの方にお聞きしても「na, na, naだとずっと思っていました」と強い援護射撃!また意味の上でもnoの崩れた形ではないかとずっと思って来ました。

その傍らで、「どっちでもいいんじゃないの?」という無関心派も登場して、ずるずる行っていたところで、いよいよ今日のエピローグ! 

ところで皆さん!そろそろHEY JUDEの大コーラスをしたくありませんか?ポールには原発なんて心配しないで来日してほしいですね。もう前回の来日から9年がたってしまいました。祈・来日!

|

« ビートルズ関連のブログ/HP | トップページ | 九星術による政局 »