« ジョージのドキュメンタリー映画に一抹の不安 | トップページ | 第6回THE BEATLES TEA PARTY中止のお知らせ »

2011年3月12日 (土)

東北地方太平洋沖地震

昨日、私は千葉県船橋市の「東魁楼」という中華料理店で知り合いと一緒に食事をしていました。知り合いが「地震だ!」と言った瞬間に、店内が横に大きく揺れ始めました。縦揺れはなかったのですが、かなり長い時間(2~3分位だったでしょうか)揺れ続け、店員の方がシャンデリアの下にいる客へ注意を呼びかけ、揺れが収まると、建物の外への誘導が始まりました。

外で立っていると地面が大きく揺れているのを感じ、まるで船に乗っているような感覚で、どうなってしまうのだろうと瞬間的に思いました。落ち着いてから、少し歩いてみたのですが、その最中もしばしば揺れ続け、落下物から身を守るためにビル街から抜けることを考えました。途中、海老川という市内を流れる川があるのですが、その川の水がなんと下流から上流へ波を立てて逆流しているのが見えました。「これは津波が起きているな」ととっさに思いました。急いでその場を離れ、知り合いのS君とビルのない住宅街へと歩いていき、次第に大きな揺れは収まって来ました。

船橋は大きな被害はなかったようですが、鉄道が止まってしまい、駅周辺にはタクシーやバスに乗る人たちの長い列ができていました。S君は葛飾区まで徒歩で帰宅。私は元実家のあったところに所有しているアパートに空き部屋があるので、そこにとまることに。寒くなると思っていましたので、イトーヨーカドーで(他の店は早々とシャッターをしめてしまっていたのに、開店してくれていて助かりました。大感謝です!ヨーカドー様!)毛布を買い、近所の電気屋でラジオと懐中電灯を購入。不安な一晩をすごしました。

実は、この日の明け方、愛犬のぺぺに異変がありました。何かとても苦しんでいるような異常な鳴き声でしたので、私は飛び起きてケージから出して抱き上げてあげようとすると、何と噛み付いてきたのです。15年飼って来て、何もしないのに噛み付いて来たのは初めてのことです。再びケージに入れるとそのあとも何か怯えたような感じでそわそわしていました。翌朝、様子を確認すると、いつものぺぺにもどっているではありませんか。「一体、明け方のあの様子は何だったのだろう?」と不思議に思っておりました。これはきっと阪神大地震の時にもあった動物の地震予知現象だろうと、地震が起きたあと思ったのです。

地震から帰宅したのは、今日の朝。JRが動いていないので、東葉高速鉄道と地下鉄を乗り継いで、何とか帰宅することができましたが、電車に乗っている時間がとても長く感じられました。

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。またこれから、被災現場から全ての方が救出されることを願っております。

いつもブログをご覧いただいている皆様は、お怪我等ございませんでしたでしょうか?どうかこれからも十分お気をつけください。まだまだ余震は続くようですので。

|

« ジョージのドキュメンタリー映画に一抹の不安 | トップページ | 第6回THE BEATLES TEA PARTY中止のお知らせ »