« 小林先生の朝日新聞記事 | トップページ | ジョージのドキュメンタリー映画の進捗状況 »

2011年2月24日 (木)

1日早いけど、Happy birthday, George!

「1日早い」と言っても、ジョージ自身は「本当の誕生日は2月24日」と言っていたので、それを尊重したいと思います。生きていてくれたならば68歳。亡くなったのが2001年11月29日だったので、今年で没後10年ということになりますね。そして伝説っぽくなってしまった1991年の日本公演からは20年ということになります。

自分がソロのジョージを聴き始めたのは1971年。ちょうど今年で40年!40年前の今頃は“My Sweet Lord”ばっかり聴いていました。中学校のお昼の放送でもよくかけられていましたので、学校でも家でもジョージ、ジョージでした。ラジオの深夜放送でもよくかかっていましたね。

何か今年はジョージの区切りの年だなあと思います。

ビートルズもほとんどジョージから入っていった私です。何故かビートルズのアルバムよりも“All Things Must Pass”に魅かれ、学校から帰ると聴き入っていました。聴けば聴くほど「いい曲がいっぱいある!」と感じたアルバムでしたね。当時の友人はこのアルバムをこきおろし、「5000円(当時の値段)の価値はない」なんて言ってました。思い切ってお年玉をはたいて買った私は、その言葉にすごーく傷つきました。結局、彼は何もわかってなかったのだな。

もしジョージが生きていたら、今頃どんな曲を作っていただろうか?ジョンの命日にも同じことをよく思うのですが、きっとふたりとも流行には左右されない音作りをしていただろうな。今日と明日は“All Things Must Pass”を聴きます。この曲のタイトル通り、ジョージも「逝って」しまったけど。

|

« 小林先生の朝日新聞記事 | トップページ | ジョージのドキュメンタリー映画の進捗状況 »