« 今年初のレア・アイテム―1962年“LOVE ME DO”のヒットチャート | トップページ | 謎のクォーリーメンのSP盤(78回転盤) »

2011年1月14日 (金)

2つのプロジェクトの今後

THE BEATLES TEA PARTYとザ・ビートルズ資料館という2つのプロジェクト。私が微力ながらこれから進めていこうと思っているものです。

2009年を最後に一旦休止していたTEA PARTYを再開しようとするのは、以前参加してくださった皆さんから励ましの言葉を数多く頂き、不定期でもいいから継続していこうと心に決めたからです。今後、今まで実施していた場所(近い将来取り壊される予定)に代わる所を探していかなければならないのですが、ほぼそれも解決できそうな状況です。ビートルズを「楽しむ」場として今後も企画を練りながら開催していきたいと思います。

そして「ザ・ビートルズ資料館」ですが、これは少々大きな計画になるので、今の自分の力ではすぐに実行はできないと思っています。まず小さなものから始めて、徐々に拡大するという考え方で進めていこうと思っていますが、幸いにも実家があった場所に建物を所有していますので、それを活用するつもりです。まともなものにするには5年かかると思っています。5年となると、ちょうどビートルズ来日50周年になりますので、タイミング的にもいいかもしれません。きちんと研究を行い成果を上げ、世の中から「資料館」として認めて頂ければ、自分が持っている学芸員資格を活かせることになります。

本気でこれらのことをやっていこうと思ったのは、ネットを見ていてある若い子のtwitterの記事が目に入ってからなのですが、それは全くビートルズを知らない(「ビートルズ」という名前さえも)若い子がtwitterでビートルズのことを話題に出されて、「ビートルズ?何、それ」と発言したことから始まった内容でした。いよいよビートルズの名前さえ知らない若い子が現れ始めたということに、少なからず衝撃を受けました。別に押し付けるつもりはないのですが、若い人たちに語り継いでいきたいとは思っていますので、その場が必要と感じた次第です。

次に、このブログのプロフィールにも書いてありますが、ビートルズをリアル・タイムで体験した方々には自分はかなわないと思っています。しかし、当時の「神話」を信じたままで話をなさっている方、全く事実とは異なることをまことしやかに語る人まで出てきています。それも「ビートルズ学」と堂々と銘打っているのですから、これにはじっとしていられないと思いました。事実に基づかない勝手に作り上げた私見は「学」とは言えない筈です。ビートルズに神話は付き物ですが、しかし勝手に作り上げた話をもとに「ビートルズ学」と称してお金までとるのは、許されるものではありません。もちろん、ビートルズ講座を開講しておられる方の中には、丹念に当時ビートルズと関わった人から聞き書きして、それをまとめておられる立派な方もいらっしゃいますが、そのように足を使いながら情報を得て研究を進められるのであれば、「ビートルズ学」と呼ぶのにふさわしいものであると思いますが、神話、マスコミが作り上げた話、全くの間違った事実(最近「Abbey Roadの中の一曲“I Want You”はアナログでは唐突に終わるのが、CDになってからフェイド・アウトするようになってしまった」などと大嘘を言っている人がいます。そんなものがあったら立派なコレクターズ・アイテムです〔笑〕)、さらに思いつきで作りあげたおかしな「論」をもとに語るのであれば、それを「学」と称するのは大きな問題だと思います。また、これからビートルズ・ファンになる若い人たちには、そんなものはすぐに「真実を語っていない」とバレてしまいます。ネットで調べれば何が正しいかすぐに分かってしまうからです。

私がやっていこうと思う2つのプロジェクトは、きちんとビートルズの歴史、事実を踏まえた上で、彼らの歌詞などもしっかり英語で理解した上で進めて行きたいと考えています。英語が分かっていないために誤ったビートルズ論を展開する人がいますので。(例えば「Rubber SoulはLover Soulだ」などと言って、出鱈目な論を展開する始末。これでは海外のファンに笑われてしまいます) また文献の調査研究もやってみたいもののひとつです。例えばハンター・デイヴィーズの著書「ビートルズ」の日本版には明らかに誤訳と思われる箇所がありますが、これはきちんと正されるべきだと考えます。そのような作業もしてみたいと考えています。このように書いてしまうとかなり固い感じで受け止められてしまうかもしれませんが、実際には畏まらずに、皆様に楽しんで頂ける内容を心がけたいと思っています。どうか今後ともよろしくお願い致します。

|

« 今年初のレア・アイテム―1962年“LOVE ME DO”のヒットチャート | トップページ | 謎のクォーリーメンのSP盤(78回転盤) »