« ジョージの死から9年 | トップページ | 謎のLET IT BEプロモ・ボックス »

2010年12月21日 (火)

新旧お気に入りの映画

今日は久しぶりに映画の話題です。自分の映画歴をたどってみると、最初に映画館で見た洋画は「チコと鮫」という映画で、その次がディズニーのアニメ「101匹わんちゃん大行進」でした。その後本格的に映画に興味を持つようになったのは、テレビの洋画番組ででした。「太陽がいっぱい」、「ブーべの恋人」、「鉄道員」といったヨーロッパ系の映画を数多く見ました。

                                                        

P1010339今日紹介する「フォロー・ミー」(1973年)も大学時代にテレビで見たのが初めだったと思います。見終った時の感動は今も記憶に残っています。そしてこの映画は今まで全く(ビデオでもDVDでも)発売されたことがない貴重な映画でしたので、先ごろ新宿の紀伊国屋でリリースを伝える宣伝看板を見た時は嬉しかったですね。

「フォロー・ミー」は「第三の男」や「オリバー!」で有名なキャロル・リード監督の映画で、彼の遺作となった作品です。主演はミア・ファーロー。ビートルズ・ファンの方は彼女がインド旅行に同行し、「ディア・プルーデンス」は彼女の妹がモデルであったことで記憶しておられると思います。この映画は1973年当時流行っていたいわゆる大作映画ではありませんが、男女の愛、夫婦の愛とはどういうものかを感動的に描写した名画です。ジョン・バリーによる主題曲も大変印象的で、この映画に出てくる1970年代初めのロンドンの風景とマッチし、感動をより深めてくれます。昔、TBSパック・イン・ミュージックの金曜日第二部(今は亡き林美雄さんの担当)のエンディング・テーマとして使用されていました。以下のURLで聴くことができます。

http://www.youtube.com/watch?v=DNWGCJCOQ_Y

因みに“Follow me.”という英語には、「私を追いかけて」という意味の他に、「私のことを理解して」、そしてプロポーズの言葉として「結婚して」という意味があります。

次に紹介するのは、2年前公開された日本映画「しあわせのかおり」です。金沢の港町を舞台に、小さな中華料理店を営む中国人とシングル・マザーの日本人女性との絆を描く心温まる感動作です。主演の中谷美紀はもちろんのこと、藤竜也の演技が素晴らしい。彼はこの映画のために、撮影開始の1ヶ月前からロケ地にアパートを借りて備えたそうです。映画の中に出てくる中華料理がとてもおいしそうで、鑑賞後、きっとシューマイやトマトと卵の炒めなどを食べたくなると思います。(笑) とにかく以下のURLで予告編をご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=5Opz4q8S4dY&feature=youtube_gdata

「フォロー・ミー」にしても「しあわせのかおり」にしても、大作ではないのですが、はらはらしながらも最後に希望が見えてくる温かい映画で、私の好みの映画なのです。皆様も是非一度ご鑑賞ください。

|

« ジョージの死から9年 | トップページ | 謎のLET IT BEプロモ・ボックス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/38156308

この記事へのトラックバック一覧です: 新旧お気に入りの映画:

« ジョージの死から9年 | トップページ | 謎のLET IT BEプロモ・ボックス »