« オールナイト・ニッポン・コンサート | トップページ | My Sweet Lord 40周年 »

2010年11月 1日 (月)

野沢那智さんの死を悼む

ホエホエさんからコメントを頂いて、野沢那智さんが亡くなられたことを知りました。正直言って大ショックです。

初めて深夜放送の楽しさを教えてくれたのが、野沢那智さんと白石冬美さんのいわゆるナチ・チャコの「パック・イン・ミュージック」でした。聴取者から送られて来た葉書をおもしろおかしく、また時には真剣に読み上げていた野沢さんの声が今も思い起こされます。中学、高校時代の友達との話題はいつも「ナチ・チャコ」でした。

「ナポレオン・ソロ」のイリヤ・クリヤキン、「太陽がいっぱい」のアラン・ドロン、その他アル・パチーノやブルース・ウィリスなど、大俳優たちの日本語吹き替えをなさっていた声優としての野沢さん。決して太い声ではないけれど本当に魅力的な声でした。

またひとつの時代が終わった、そんな気持ちです。どんどん良き時代が遠くなる...。

野沢那智さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

PS 同世代の方が懐かしがるYouTubeを見つけましたので貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=b0MNC8PPK3I&feature=player_embedded

|

« オールナイト・ニッポン・コンサート | トップページ | My Sweet Lord 40周年 »