« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

ジョージの死から9年

George_in_japan_1今日はジョージ・ハリスンがこの世を去ってから9年目の日。もうそんなに経ってしまったんですね。でも、ジョージの残した音楽は、今、ジョンの曲に勝るとも劣らないほど光り輝いています。

以前もこのブログで書いたかもしれませんが、ジョージが亡くなった頃、私は授業の準備をしていて、「授業で使う次の曲は何にしようかな」と考えていたところでした。そして、何気なく開いたビートルズ詩集のページが“Something”だったのです。そのときとっさに、「あっ!ジョージが亡くなったのでは!」と直感し、間もなくニュースで悲しい知らせが...。

ジョージは「たばこが癌の原因だったと思う」と語っていましたが、元妻のパティも語っているように、1999年にフライヤーパークの自宅に侵入して来た男に刺されたことによるストレスも大きな原因になったように思われます。その事件の時の状況が、新刊書『1980年12月8日 ジョン・レノンのいちばん長い日』のエピローグで詳しく記されています。

ジョンと同じように日本を深く愛してくれ、広島の原爆資料館も見学してくれたジョージ。よく日本に来ていたジョンが広島を訪れたということは聞いたことがありませんから、ビートルズのメンバーで唯一、広島の惨状を知ってくれた人ということになります。昨年、ジョージのドキュメンタリー映画の日本での資料収集担当だったEthan Greenさんに、そのことは絶対に映画で伝えて欲しいと頼んだのですが、「自分は内容まで意見できる立場ではないので」ということでした。

ジョージが亡くなってから10年目の来年、いよいよその映画が上映されそうです。来年はきっとジョージが世間でも再評価されることになると思うのですが...。

| | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

My Sweet Lord 40周年

今日はMy Sweet Lordがアメリカでリリースされてから40年に当たる日。

P1010381日本での発売は新年の1971年に入ってからだと思いますが、ラジオでも頻繁に流れ、通っていた中学校のお昼の放送でもかけられるほど、ビートルズのメンバーがソロとしてリリースした曲で最初に大ヒットになっていた曲でした。ビートルズ関係のシングルとしては私が2番目に買ったものでしたが、最初に買ったLet It Beはリリースされてからかなりあとになってでしたので、このMy Sweet Lordは私にとって、リアルタイムで聴き始めた最初のレコードでした。(当時買ったレコードは友達に譲ってしまったので、これはあとから再び買ったもので、価格変更のシールが貼られています)

P1010371P1010369

こちらはUKオリジナルのスリーブとレーベルです。やや厚手の紙のカラーピクチャー・スリーブで、ビートルズ関係のUKシングルでカラーのピクチャー・スリーブが作られるのは、当時としては珍しかったと思われます。ジョンのシングルもスリーブはカラーではありませんでしたので。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                          

                                                                                                                      

P1010370

レーベル・バリエーションです。これはおそらくPyeプレスと思われるプッシュアウトのレーベル。これは上のソリッド・センターについでよく見かけるレーベルです。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

P1010374

次にCBSプレスと言われているレーベルですが、詳細は不明です。幅の狭い溝があるのが特徴です。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

P1010372

こちらのレーベルは、Hey Judeにも同じようなものがありますので、おそらくPyeのソリッド・センター・レーベルだと思われます。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                      

P1010375

これはUKのジューク・ボックス盤。まだダーク・アップルのレーベルです。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                      

P1010380

こちらはオーストラリア盤のレーベル。例によって太いタイトル文字が特徴です。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                     

P1010317

これはスペイン盤。アルバム“All Things Must Pass”の写真が使われています。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

P1010382

これはポルトガル盤(左)とイタリア盤(右)。ヨーロッパ盤はこの写真かスペイン盤で用いられている写真のどちらかが使われていることが多いです。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                     

P1010393

P1010394 これはペルー盤。ペルー盤は独自のスリーブが使われていることが多く、これもそのひとつです。

                                                         

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                     

                                                                                                                      

                                                                                                                      

P1010386

珍しいマレーシアEP盤のカラー・ピクチャー・スリーブです。光沢のある大変きれいなものです。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                      

 

P1010387

こちらはドイツ盤のリイシューです。このカラー・ピクチャー・スリーブも人気があります。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                      

P1010378P1010379

UKのリイシューです。ブログ「ビートルズ徒然草」のshadow_pmcさんによれば、オリジナルのUKシングルよりもこちらのほうが良い音質とのことです。たしかにUKシングルは、1970年代前半のレコードの音よりも、その後に出たリイシューの方がいいものがあります。

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                      

                                                                                                                      

P1010389P1010390_2

そして2000年に出たUSプロモです。こちらのスリーブは同じ写真のUKオリジナルのスリーブに比べて大変きれいです。もうひとつは、同時期に出たUSジューク・ボックス用のグリーン・ワックス盤です。

P1010391

| | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

野沢那智さんの死を悼む

ホエホエさんからコメントを頂いて、野沢那智さんが亡くなられたことを知りました。正直言って大ショックです。

初めて深夜放送の楽しさを教えてくれたのが、野沢那智さんと白石冬美さんのいわゆるナチ・チャコの「パック・イン・ミュージック」でした。聴取者から送られて来た葉書をおもしろおかしく、また時には真剣に読み上げていた野沢さんの声が今も思い起こされます。中学、高校時代の友達との話題はいつも「ナチ・チャコ」でした。

「ナポレオン・ソロ」のイリヤ・クリヤキン、「太陽がいっぱい」のアラン・ドロン、その他アル・パチーノやブルース・ウィリスなど、大俳優たちの日本語吹き替えをなさっていた声優としての野沢さん。決して太い声ではないけれど本当に魅力的な声でした。

またひとつの時代が終わった、そんな気持ちです。どんどん良き時代が遠くなる...。

野沢那智さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

PS 同世代の方が懐かしがるYouTubeを見つけましたので貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=b0MNC8PPK3I&feature=player_embedded

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »