« My Sweet Lord 40周年 | トップページ | 新旧お気に入りの映画 »

2010年11月29日 (月)

ジョージの死から9年

George_in_japan_1今日はジョージ・ハリスンがこの世を去ってから9年目の日。もうそんなに経ってしまったんですね。でも、ジョージの残した音楽は、今、ジョンの曲に勝るとも劣らないほど光り輝いています。

以前もこのブログで書いたかもしれませんが、ジョージが亡くなった頃、私は授業の準備をしていて、「授業で使う次の曲は何にしようかな」と考えていたところでした。そして、何気なく開いたビートルズ詩集のページが“Something”だったのです。そのときとっさに、「あっ!ジョージが亡くなったのでは!」と直感し、間もなくニュースで悲しい知らせが...。

ジョージは「たばこが癌の原因だったと思う」と語っていましたが、元妻のパティも語っているように、1999年にフライヤーパークの自宅に侵入して来た男に刺されたことによるストレスも大きな原因になったように思われます。その事件の時の状況が、新刊書『1980年12月8日 ジョン・レノンのいちばん長い日』のエピローグで詳しく記されています。

ジョンと同じように日本を深く愛してくれ、広島の原爆資料館も見学してくれたジョージ。よく日本に来ていたジョンが広島を訪れたということは聞いたことがありませんから、ビートルズのメンバーで唯一、広島の惨状を知ってくれた人ということになります。昨年、ジョージのドキュメンタリー映画の日本での資料収集担当だったEthan Greenさんに、そのことは絶対に映画で伝えて欲しいと頼んだのですが、「自分は内容まで意見できる立場ではないので」ということでした。

ジョージが亡くなってから10年目の来年、いよいよその映画が上映されそうです。来年はきっとジョージが世間でも再評価されることになると思うのですが...。

|

« My Sweet Lord 40周年 | トップページ | 新旧お気に入りの映画 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/37884055

この記事へのトラックバック一覧です: ジョージの死から9年:

« My Sweet Lord 40周年 | トップページ | 新旧お気に入りの映画 »