« THE BEATLES & APPLE RECORDS NIGHT(10月14日 赤坂BLITZ) | トップページ | 野沢那智さんの死を悼む »

2010年10月17日 (日)

オールナイト・ニッポン・コンサート

今日10月17日は、文京シビック・ホールで行われた「オールナイト・ニッポン・コンサート」に行って参りました。

出演者は谷山浩子、尾崎亜美、由紀さおり、宇崎竜童。私のお目当ては由紀さおりでした。今から41年前に、兄が深夜放送を聴いている時に流れてきた曲が由紀さおりの「夜明けのスキャット」で、この曲の不思議な魅力に半分眠りながら聴いていた私はすっかりとりこになってしまいました。そして私が中学生の頃ヒットしていたのが「手紙」や「生きがい」で、由紀さおりの歌唱力と大人の世界を歌った歌詞に魅かれていました。

コンサートでは、谷山浩子は「お早うございますの帽子屋さん」、「猫の森には帰れない」などを披露。そして尾崎亜美と2人で「白い色は恋人の色」をデュエット。尾崎亜美は「マイ・ピュア・レディ」、「オリビアを聴きながら」などを歌い、その中で本日のベーシストを紹介しましたが、現在尾崎の夫であるこの人は、何と元サディスティック・ミカ・バンドのベーシストだった小原礼!知らなかったあ!

そしていよいよ由紀さおりの登場。1曲目は「生きがい」、そして「挽歌」、「う・ふ・ふ」、「ルームライト」、西田佐知子の曲「紅ホテル」などが歌われましたが、その中で「タ・ヤ・タン」が歌われたのはびっくりしました。この曲は由紀さおりの2枚目のシングル「天使のスキャット」のB面曲で、それほど有名な曲ではありませんが、大変印象的な歌です。由紀さおりの話では、最近この曲がPink Martiniという海外のアーティストに取り上げられ、そのアーティストとのコラボも実現したとのことです。そして最後は「手紙」と「夜明けのスキャット」でした。初めて由紀さおりを生で聴いたのですが、昔と変らない美しい歌声に感動し、このコンサートに来て良かったなあと思いました。

その後、由紀さおりが紹介して、宇崎竜童の登場。宇崎のギターで由紀が高田みづえのヒット曲「硝子坂」を歌いました。

宇崎竜童は「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」、「サクセス」、「ロックン・ロール・ウィドウ」、そしてベトナムの少女の作文にインスパイアされ作ったという「ヨーソロー」を歌いました。このコンサートで一番盛り上がったのがこの宇崎竜童が歌った時でした。

フィナーレは4人揃って、山口百恵のヒット曲「夢先案内人」を歌い上げ、コンサートは幕を閉じました。

このコンサートで強く感じたのは、昭和40年代から50年代にかけてが深夜放送の全盛期で、数々の素晴らしい曲が生まれた良い時代だったなあということです。今のままの状況では、今後日本の音楽界にこのようないい時代は来ないのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

|

« THE BEATLES & APPLE RECORDS NIGHT(10月14日 赤坂BLITZ) | トップページ | 野沢那智さんの死を悼む »