« 40年ぶりのハンバーグ | トップページ | 北海道旅行 その2 »

2010年8月14日 (土)

北海道旅行 その1

    

   

8月10日から13日まで、北海道へ行って参りました。

目的は2つあったのですが、この記事の中で紹介させて頂きます。

札幌駅に降り立った時、すぐに感じたことは、歩く人のスピードが東京と異なり、ゆっくりであること。「これがもしかしたら北海道?」と勝手に想像しながら、早速札幌の街を歩いてみました。

P1010198

まず目に入った建物が、北海道庁舎。庁舎前の花壇の花と、煉瓦造りの建物が、とてもきれいでしたので撮影してみました。うーん、うしろのビルが邪魔だな!

                                                        

                                                        

                                                        

                                                                   

                                                        

P1010207

絶対に訪れようと思っていた北海道大学。この構内を歩く人の速度も、こころなしかゆったりしていました。

                                                        

                                                        

                                                        

                                                        

                                                                                                          

                                                        

                                                        

P1010213_2

正門を入ってすぐに目に付いたのが、このハルニレの巨木。1905年に新渡戸稲造が、愛する札幌農学校の生徒たちのために贈ったもので、105年の歳月を経てもなお、美しい緑の葉を茂らせています。

しばし、数本あるこのハルニレの樹を眺めていました。

                                                        

                                                        

                                                        

                                                        

                                                        

                                                                             

                                                        

                     

                                                        

P1010205_2

こちらは古河記念講堂。 北海道をイメージさせる美しい建物です。

                                                        

                                                        

                                                        

                                                        

                                            

                                                        

                                                        

                                                       

                                                        

P1010204_2

クラーク博士の胸像。ここ札幌農学校を去る時の学生への言葉“Boys, be ambitious.”はあまりにも有名です。この胸像の下にこの言葉が刻まれています。

よく日本人はこのambitiousの発音を間違えています。「ンビシャス」と第一音節にアクセントを置いてしまう人が多いのですが、実際は「アンシャス」と第二音節にアクセントが来ます。アクセントの位置を間違うと、通じなくなることが多いので注意が必要ですね。

                               

                                                        

                                                                                           

                                                                                                                                                                                  

                                                        

P1010221_2

新渡戸稲造の胸像もありました。この札幌農学校に赴任した際、学生に対して深い愛情をもって接していたとのこと。また、“I wish to be a bridge across the Pacific.”(我、太平洋の架け橋とならん)という言葉のとおり、日本人初と言ってよいであろう、「国際人」として、国連事務次長を務め、世界のために貢献した人物です。『武士道』の著者としても有名ですね。

私の住まいから近い東京都文京区小日向に、新渡戸の旧邸宅跡があり、その近辺には彼が主監となった拓殖大学などの教育施設がありますが、こうして遠く離れた北海道で彼の胸像を見ると、彼の教育に対する熱い思いを感じます。

いつの間にか五千円札の肖像が新渡戸から樋口一葉に変ってしまいましたが、私は新渡戸の方がふさわしいと思っています。 

これ以外でも、北大の博物館などをまわり、とても充実した時間を過ごすことができました。スペースの都合でご紹介できず残念ですが、北大は札幌で必ず訪れるべき場所だと強く感じました。

                                                        

                                                                                                                            

                                                        

P1010230

夕方4時からは、教え子で札幌のFM局、NORTH WAVEでDJとして活躍しているC.Kさんとお会いし、ご結婚のお祝いをしました。現在では、北海道の東海大学でも講師として教鞭をとっておられるようで、それ以外でも雑誌へのエッセイ執筆など、多方面で活躍しているとのこと。

車まで出して頂いて、上の写真の民家風の落ち着いた喫茶店へ連れて行って頂き、そこでゆっくりとお話ができました。前任校(C.Kさんの母校)で、課外授業をして頂いた時、しっかりした御礼もできずに心苦しかったのですが、ご結婚のお祝いをささやかながらさせて頂いて、ほっとしています。今後の益々のご活躍をお祈りしたいと思います。

                                                                                                                                                                      

                                                        

P1010235 

C.Kさんには無理を言って、札幌の時計台まで車で連れて行ってもらいました。夕暮れ時で、ライトアップされた時計台は美しかったですね。

うーーん、これぞ札幌だ!

                                                        

                                                        

 

少々話はそれますが、この数カ月で、昔の教え子、小学校、中学校、大学時代の旧友、以前の職場の同僚など、多くの方に再会する機会がありました。今振り返ると、自分が出会えた方たちは、皆さん素晴らしい方ばかりでした。自分は今まで何てラッキーであったのだろうと、この数日間、強く思っているところです。

北海道旅行記は次回のブログに続きます。(新たな素晴らしい方との出会いが...) 

|

« 40年ぶりのハンバーグ | トップページ | 北海道旅行 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/36168497

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行 その1:

« 40年ぶりのハンバーグ | トップページ | 北海道旅行 その2 »