« W杯 デンマーク戦占断検証というより反省会 | トップページ | 松本亨先生のこと »

2010年7月 1日 (木)

あれから4年

   

このブログを始めたのは、ビートルズ来日40周年にあわせてのことだったのですが、当初は1年くらいでやめようと思っていました。それが4年も続いてしまいました。この4年間は、まず2006年のビートルズ来日40周年記念行事を始めとして、アルバム“Love”、そしてリマスター盤の発売と、大きな出来事がたくさんありました。そして自分にとっても仕事を変えるなど激動の4年でした。

ちょうど4年前の今日は、今はなきキャピトル東急ホテルに泊まって40年前に思いをはせていました。ビートルズが泊まったスイートルームを見学できたことは、今はもうないことを考えると、本当に貴重な体験だったと思います。当時のレポートは以下のURLでご覧ください。

http://beatles18.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_ddfc.html

今後どうしようかと思案しているのですが、ビートルズ・ネタだけでブログをやっていくのは結構大変なことで(と言いながらビートルズ以外の記事が多い昨今ですが)、“Let It Be”から40周年の今年で一区切りにするのもひとつの方向ではないかと考えています。また、自分が本格的にビートルズ及びソロのレコードを聞き始めたのは1971年からですので、ソロ・イヤーズ1年目の1971年から40周年となる来年を、再出発の年とすることも一案かと考えています。実際に1971年から74年くらいまでは、一番自分がビートルズに浸っていた時期ですので、ネタは沢山あるのですが。

いずれにせよ、今年は一区切りの年であることに変りはありません。あと半年、“Let It Be”や1970年発表のレコードの話題を中心にネタを探しながら、続けていこうと思います。今後ともよろしくお願い致します。

|

« W杯 デンマーク戦占断検証というより反省会 | トップページ | 松本亨先生のこと »

コメント

赤井川塾さん

ご丁寧なコメントありがとうございます。

実は私塾に関しては、これからすぐ構想に入っていこうと思います。順次ご報告させていただきます。やはり今の日本の塾のやりかたでは絶対に英語は身に付かないと思っていますので、将来英語を使いこなせるような徹底した基礎の教育をやっていきます。楽天の社長さんが社内での公用語を英語にすると宣言したそうですが、英語の音に関してはもっと早い時期にやらないと身につかないのではないかと思います。楽天の社員である程度年齢がいった人にはきついだろうなあ。英語は「音」の中に意味があるのですから。

例えば、Let's eat, Mother!(お母さん、食事にしようよ!)という文で、正しいイントネーションは上げ調子で終わりますが、最後を下げ調子にする日本人は大勢います。その人たちはみーんな「人食い人種」ということになります。下げ調子で発音すると「お母さんを食べてしまおう!」になるからです。

音を大切にしない英語教育などありえない。そう思っています。

散歩レポートは最近やっていなかったので、そろそろ復活します。東京でも観光名所ではない所を紹介したいですね。

70年代のミュージシャンは大好きですので、これからも記事にしていきます。

政治は私がいくら吠えても何も変らないので、ほどほどにしようかと。(笑)

占いは以前もお話ししたとおり、未来に向けての「励まし」の言葉と捉えていただければと思います。九星術はかなりシビアな言葉で占断されますが、今まで私もそのシビアさがかえって人生の指針という意味で勉強になっていました。


今、拝読しているまさむねさんのご著書「家紋主義宣言」には、将来の日本の進むべき姿を深く考えさせられています。読了後、自分なりの感想を書いて皆様に紹介させて頂こうと思います。素晴らしい本です。

とにかく、これからも頑張っていきます。どうぞよろしくお願いします!

投稿: JUN LEMON | 2010年7月 2日 (金) 12時32分

おはようございます。

どのようなかたちにせよ、ぜひともJUNさんのブログは継続していただきたいです。

ビートルズについてはもちろんですが、4人のソロ時代についてももっともっと多くを語っていただきたいです。

また、勝手なお願いですが、JUNさんの夢の実現=私塾についてのあらゆる事柄、思いなど、とにかくどんなことでもお話いただきたい。ホントに勝手ながら、そのことは私自身の夢にも間接的(直接的!?)につながることなのです(ホントに勝手なんですが…)。

さらに日常の何気ないこと、散歩レポート、ビートルズ以外のすばらしいミュージシャンたちのことももっともっと語っていただきたいです。

さらに、さらに、政治のこと、世界のこと、JUNさんの思いをときに過激に、ときに希望をもってお書き願いたい。さらに、さらに、さらに、占いのことももっともっと知りたいです。

正直なところ、JUNさんとoyataさんにお会いするまで、占いにほとんど興味がなかったし、むしろ疑っていました。しかし、いろいろお話をうかがっていく中で、私は、自分自身の問題点(悪いところ)を知ることができ、希望(よいところ)をもつことができました。お二人には心から感謝の気持ちでいっぱいです。

長くてすみません。とにかく、これからも楽しみにしています!

投稿: 赤井川塾 | 2010年7月 2日 (金) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/35604872

この記事へのトラックバック一覧です: あれから4年:

« W杯 デンマーク戦占断検証というより反省会 | トップページ | 松本亨先生のこと »