« ポール・マッカートニーの謎の曲“PENINA” | トップページ | ジョージのドキュメンタリー映画“Living In The Material World” »

2010年5月15日 (土)

アイルランド・シングル盤

   

今日は、アイルランドのシングル盤について。

P1010009P1010010アイルランドは1970年代前期までシングル盤にパーロフォンの黒レーベルが使用されていました。ですから、ジョンの“Happy Xmas”やジョージの“Give Me Love”などはアップル・レーベルではなく、黒のパーロフォン・レーベルなのです。

                                                   

                                                           

                                                           

                                                           

                                                                                        

                                                                                      

P1010011P1010012

                             

                                                          

ところが70年代中頃からアップルレーベルに変ります。おもしろいことに、1975年以降のウイングスのレーベルは、アイルランドではキャピトルではなくアップルなのです。契約の関係でこうなっているのだと思われますが、何か「天邪鬼」的なものを感じてしまいます。もうひとつこのアップル・レーベルでおもしろいことは、他国とA面、B面の曲が逆だということです。もしかしたら、アイルランドではスライスされたリンゴの方をA面としているのかもしれませんが。

                                                           

                                                           

                                                           

                                                                                            

                                                           

P1010006P1010008

ビートルズのリイシューもプッシュアウトのアップル・レーベルになっています。左の写真の“Rain/Paperback Writer”もA,B面が他国と逆になっています。更に興味深いことに、Rainがモノ、Paperback Writerがステレオで収録されています。また、レーベルの上に“PARLOPHONE”という表記があるのもおもしろいです。アイルランド盤には、何かUK盤に対して「反骨精神」のようなものを感じてしまうのは、私だけでしょうか?(笑)

   

|

« ポール・マッカートニーの謎の曲“PENINA” | トップページ | ジョージのドキュメンタリー映画“Living In The Material World” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/34704211

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランド・シングル盤:

« ポール・マッカートニーの謎の曲“PENINA” | トップページ | ジョージのドキュメンタリー映画“Living In The Material World” »