« Beatles Memorabilia: The Julian Lennon Collection | トップページ | Lynsey De Paul »

2010年5月24日 (月)

映画で紹介されるジョージのカセット・テープ

   

ジョージのドキュメンタリー映画でビートルズ・ファンが最も興味をひかれるものは、やはりジョージがビートルズ時代に残したカセット・テープでしょう。海外のニュースを見る限り、現段階ではそれが彼の作品のデモなのか、それともカバーなのかははっきりしていません。(またまた日本の某サイトが「デモやカバーなど」と断定した形で誤報を発してしまっていますが)

このURLの記事を見ても、内容が明らかになっていないことがわかります。

http://consequenceofsound.net/2010/05/21/scorsese-documentary-features-unheard-george-harrison-recordings/

日本の某サイトのソースは上の記事と同じものではないかと思うのですが、そうだとすると英語の読み違いをしています。

オリビアさんがこのテープを見つけ、今回の映画に提供したとのことなのですが、やはり内容は明言していませんね。映画の公開を待つしかないのですが、曲をどんどん作り上げるレノン=マッカートニーの陰で、コツコツと曲作りをしていたジョージは、どのような気持ちでこのカセット・テープを録音していたのだろうかと思ってしまいます。

                                                      

追記 やっと日本の某サイトの記事も訂正されました。英語をきちんと読めばわかることなのですが...・

|

« Beatles Memorabilia: The Julian Lennon Collection | トップページ | Lynsey De Paul »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/34855607

この記事へのトラックバック一覧です: 映画で紹介されるジョージのカセット・テープ:

« Beatles Memorabilia: The Julian Lennon Collection | トップページ | Lynsey De Paul »