« リンダ・マッカートニーの命日 | トップページ | ビートルズに詳しい高校3年生 »

2010年4月18日 (日)

“McCartney”40周年

P1010014_3

40年前の1970年4月18日は、 “McCartney”がリリースされた日です。今日でちょうど40周年ということになります。

                          

今日は“McCartney”の各国LPを紹介します。

                                                                                                                                                

                                                   

                                                                                                                                                                 

                                                      

                                                       

P1010017

まず最初はUKオリジナル。ビニール・コーティングのジャケットで、見開き内部もコーティングされており、リンダ・マッカートニーが撮影した写真が大変きれいです。

                                                                                                     

                                                       

                                                                                                                                                                                                                                                                             

                                                      

                                                      

P1010015

マトリックスは1U/1Uのものが存在しますが、私の所有しているものは2U/1Uです。今まで出会ったUK盤は2U/2Uが多かったですね。

                                                      

                                                      

                                                                                                          

                                                      

                                                      

                                                                                            

P1010018

こちらはUK盤のキャピトル・レーベル。ポールのキャピトルとの契約にともなって、アメリカだけでなくイギリスでも、このアルバムや“RAM”、そしてシングルはアップル・レーベルからキャピトル・レーベルに変ります。

                                                                                                                                          

                                                                                        

                                                      

                                                      

P1010020

次にUK EXPORT盤です。アップル・レーベルに代わってEMI1マークのレーベルが使用されています。マトリックスは3U/3U。

                                                                                                     

                                                      

                                                      

                                                      

                                                                                                                                                                                         

P1010021

こちらは南アフリカ盤。レーベルは南アフリカのパーロフォン・レーベルが使われています。ジャケットはやはりビニール・コーティングですが、UKと比べてビニールが浮きやすいのが難点です。

                                                      

                                                                                  

                                                                                                                                                                                                            

                                                                                                          

P1010022

これはイスラエル盤。レーベルとジャケットに「STEREO/MONO」の表示があります。よくビートルズのフランス盤やイタリア盤のアルバムで、STEREO/MONOの表記をみかけますね。

                                                      

                      

                                                                                                                             

                                        

                                                      

P1010023

こちらは日本盤。アップルの帯が懐かしいです。帯に書かれたコピーは「沈黙を破る話題のソロ・アルバム」とおとなしめです。

                                                      

                                                      

                                                                                                                              

                                                      

                                                      

                                                      

P1010026

レッド・ワックスのレコードも製作されていました。このレコードを買った当時、私はまだレッド・ワックスかどうかを殆ど気にしていませんでした。いちいちレコード店で確かめてみてから買うのが恥ずかしかったのです。

                                                      

                                                                                                                                                                                                       

                                                      

                                                      

                                                                      

                                                      

Mccartney_taiwanこちらは台湾盤。ジャケットの色が青というのが珍しい。レーベルは黄色。

                             

                                                 

                                                      

                                                      

                                                                                                                                                                                                               

                                                      

                                                        

Mccartney_11

最後はトルコ盤。ジャケットはオリジナルを全く無視しています。(笑)

                                                      

                                                      

                                                                                                                           

                                                      

                                                                                                             

                                                      

                                                      

                                                      

                                                      

Mccartney_21                                         

裏面はなんとか....。

                    

                                                      

                                                      

                                                      

                                                      

                                                      

                                                      

                                                      

                                                       

                                                      

                                                      

                                                       

                                                      

                                                        

Mccartney_31

レーベルはアップル。UKのレーベルとはだいぶ違います。

                                                      

                                                                                                          

                                                      

                                                      

                                                                                                         

                                                      

                                                      

                                                      

やはり、ジャケットのコーティングがきれいなUK盤オリジナルがいいですね。音もUK盤が一番だと思われます。

|

« リンダ・マッカートニーの命日 | トップページ | ビートルズに詳しい高校3年生 »

コメント

ネリナーさん、お久しぶりです。お元気でしたか?

トルコ盤のジャケットは、一瞬ブートかと思ってしまうほどの物凄いものですね。(笑)トルコ人はこういうのが好みなのかな?

McCartneyのジャケットのアート・ワークは素晴らしいですねえ。リンダの写真が光っています。

そういえばポールのこのジャケットに関してのコメントって聞いたことがないですね。ちょっと調べてみます。

投稿: JUN LEMON | 2010年4月19日 (月) 01時59分

shadow_pmcさん

私は実物を見たことがないのですが、間違いなく1U/1Uが存在するようです。オークションでも見たことがないので、かなり少ないのでしょう。

UKのジャケット、本当にきれいです。ラムとちがって内側までコーティングされていた期間が長かったので、ここでも紹介したキャピトル・レーベルのジャケットでもきれいですね。

投稿: JUN LEMON | 2010年4月19日 (月) 01時53分

お久しぶりです!
トルコ版の写真は、ブックレットで見た時でさえ度肝を抜かれたのに、リアルタイムでこのジャケットだったらと思うと恐ろしいですね(笑)
オリジナルのジャケット、大好きです。内容の寂しさが、傾いた日の光から感じられるようで。不自然な実が赤さから血を連想して、ポールの傷ついた心を思ったり、深読みしてしまいます…
ポールがあのジャケットについてコメントしていたことはあるのでしょうか?

投稿: ネリナー | 2010年4月19日 (月) 01時27分

1U/1Uがあるとは知りませんでした。2U/1Uもかなり珍しいでしょう。拙者の所有分は2U/2Uです。初めて買ったUK盤を見てコーティング・ジャケットのきれいな事に大変感動したのを思い出します。

投稿: shadow_pmc | 2010年4月19日 (月) 01時11分

pinkislandさん

トルコ盤、すごいでしょ?これは絶対にポール側の許可を得ていませんね。(笑)

たしかに米盤のトリミングが少し大きめですね。まだこのころは各国のアルバムジャケットにいろいろ違いがあって楽しいです。

投稿: JUN LEMON | 2010年4月18日 (日) 16時20分

トルコ人のセンス、最高です。

家には英盤と米盤(STAO 3363)がありますが、ジャケのトリミングが米盤のが大きくでてますね。

投稿: pinkisland | 2010年4月18日 (日) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/34258481

この記事へのトラックバック一覧です: “McCartney”40周年:

« リンダ・マッカートニーの命日 | トップページ | ビートルズに詳しい高校3年生 »