« 「縁」その2―大学時代の友人と30年ぶりの再会 | トップページ | 40年前のビルボード誌 »

2010年4月14日 (水)

名曲シングル① ELO “Can't Get It Out of My Head”

ビートルズだけではなく、今後は70年代の名曲を中心に、このコーナーで紹介していきたいと思います。

P1010001最近、色々なアーティストのUKやUSのオリジナル・シングルに凝っていて、何ともいえない素晴らしい音で流れて来るので、アナログの魅力を再認識しているところです。まず第1回の今日は、Electric Light Orchestra(ELO)の1974年の全米NO.1の曲、“Can't Get It Out of My Head”(邦題「見果てぬ想い」)です。

このELOの曲は大変ビートルズっぽい曲で、ジェフ・リンのボーカルがまるでジョン・レノンみたいに聞こえてきます。ビートルズの“Across The Universe”と“I Am The Walrus”をコンバインさせたみたいな曲で、特に曲の中で“I Am The Walrus”のような歌い方の部分があり、思わずニコッとなってしまいます。この曲自体はELOのアルバム“Eldorado”の組曲の中の1曲。ビートルズ・ファンであれば、必ず楽しむことができる曲です。皆さん、ぜひ聴いてみてください。

YouTubeでビデオが見つかりましたので貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=YSMx5YQ0a-U

http://www.youtube.com/watch?v=BuvOPSycBl4&feature=related

|

« 「縁」その2―大学時代の友人と30年ぶりの再会 | トップページ | 40年前のビルボード誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/34231826

この記事へのトラックバック一覧です: 名曲シングル① ELO “Can't Get It Out of My Head”:

« 「縁」その2―大学時代の友人と30年ぶりの再会 | トップページ | 40年前のビルボード誌 »