« 20年前の3月4日 | トップページ | 映画“A HARD DAY'S NIGHT”を鑑賞 »

2010年3月12日 (金)

期待される“Paul McCartney Box”のレア音源

今日はポールとリンダの結婚記念日ですね。20年前、2人は日本でこの日を迎えたわけです。ポールは“My Love”の一節から少し言葉を変えて、“Only you hold the other key to me.”という言葉が刻まれたゴールドのペンダントを、リンダにプレゼントしたそうです。

今日はポールとリンダに関する話題を。

だいぶ前の話題ですが、昨年の5月頃、海外のブログにてポールの未発表曲、未発表テイクの集大成ボックスが2010年にリリースされるのではないかと噂されていました。(一時、野良さんの「ビートルズ音源フォーラム」でも話題になっていました)その後全く話題が出てこないのですが、立ち消えにならないことを願いたいです。内容は以下のとおりです。

Paul McCartney – rarities box set in the works

Disc 1: 1969-1972
1. Goodbye
2. Maybe I’m Amazed – 1st original mix by Chris Thomas
3. Every Night – take 1
4. Rode All Night – edit
5. A Love For You
6. Little Lamb Dragonfly – without strings
7. Get On The Right Thing – take 1
8. Monkberry Moon Delight – alternate vocal take
9. Sunshine Sometime
10. Big Barn Bed – complete Ram ukulele version
11. Dear Friend – w/o strings and horns
12. Some People Never Know – oboe version
13. Breakfast Blues – instrumental edit
14. Mary Had A Little Lamb – long version
15. Give Ireland Back To The Irish – slow version take 2
16. Tragedy
17. Thank You Darling
18. Soily -1972 studio version
19. Best Friend – studio version
20. The Mess – studio version
21. C Moon Jam – with John Bonham
22. Lazy Dynamite – long version
23. Night Out – instrumental
24. Hi Hi Hi – slow verson
25. Only One More Kiss – take 1
Bonus Track: Radio spot with untitled instrumental for Hi Hi Hi / C Moon recorded at Abbey Road

Disc 2 – 1973-1978
1. Gotta Sing Gotta Dance
2. Why am I crying
3. I Lie Around
4. Six o’Clock
5. Bluebird
6. Let’s Love (April 1974 Version)
7. Send Me The Heart (Take 1)
8. Blackpool
9. One Hand Clapping Theme
1O. Live & Let Die (74 Version)
11. Soily (74 Version)
12. Love In Song (Take 1)
13. Rockshow (74 Version)
14. Wild Cat
15. Baby Face
16. The Note You Never Wrote (Take 1, Paul & Denny Everly’s Version)
17. Silly Love Songs (Fun Version)
18. Must Do Something About It (Paul on vocal)
19. She’s My Baby (Rock Version)
20. Waterspout
21. One Woman
22. Girlfriend (First Version)
23. Twelve Of The Clock
24. Did We Meet Somewhere Before
25. Goodnight Tonight (Original 1978 Version)
Bonus track : Wings 1974 Audio Ad for the Bread Company

Disc 3 – 1979-1986
1. Love awake (Ranachan Version)
2. Rockestra Theme (Wings Version)
3. Cage
4. Robber’s Ball
5. Blue Sway
6. Attention (Paul’s guide vocal)
7. Ode to a koala bear (Take 1)
8. Rainclouds + George Martin & Paul moving impromptu dialogue about John
9. Blackpool (1981 version)
10. All the Love is There (With Stewart Copeland on Drums)
11. I’ll Give You a Ring
12. No Values (1981 Montserrat Version)
13. Tug Of War (1st string arrangement version)
14. Stop You Don’t Know Where She Came From (With great Brass section)
15. Long & Winding Road / Ebony & Ivory Strawberry jam medley (With Stevie Wonder)
16. Tug Of War acoustic reprise
17. The Fool On The Hill
18. Martha My Dear / Gloriana Medieval Guitar Piece Medley
19. Your School
20. Lindiana
21. Yvonne
22. Goodtimes Coming / Feel The Sun (Long Version)
23. Angry long jam version (with Pete Townsend & Phil Collins)
24. Hey Diddle (Paul & Linda duet, Chris Thomas 1986 version)
25. Linda
Bonus track : The Juggler music 1981 Theme

Disc 3の25の“Linda”は、このブログでも過去に記事にしましたが、1944年にリンダの父と知り合いだったジャック・ローレンスがリンダのことを書いた曲で、その後ジャン&ディーンも60年代に取り上げてヒットさせています。その曲をポールが録音し、リンダの45歳の誕生日に「45回転」シングルをプレゼントした時の音源だと思われます。(リンダが生きていれば、78歳の誕生日には「78回転」のSP盤をプレゼントしようと思っていたそうです)この曲はリンダの葬儀でかけられたようです。

世界に1枚しかなかったレコードが、このボックスの発表によって陽の目を見ることになるわけです。リストの他の曲も楽しみですが、リンダの葬儀に参加した人しか聴いたことがなかったこの曲を心待ちにしています。

“Linda”に関する記事:http://beatles18.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_dac4.html

|

« 20年前の3月4日 | トップページ | 映画“A HARD DAY'S NIGHT”を鑑賞 »

コメント

赤井川塾さん

もう1年近く前の情報ですので、一体どうなっているのやら。ただ、「火にない所に煙はたたない」の言葉どおり、ポールがこれらの作品をリリースしたいと思っていることは確かだと思います。あとはレコード会社との折り合いがつけばということでしょうか。

投稿: JUN LEMON | 2010年3月14日 (日) 15時42分

いやはや…ショックです…。曲目リストを概観しても、知らない曲多いですね…マジですか???
で、実際どうなんでしょうか?発売されそうですか?(ってJUNさんにおたずねしてもご迷惑ですよね。果報は寝て待ちます。)

投稿: 赤井川塾 | 2010年3月14日 (日) 15時20分

get happyさん、コメントありがとうございます!

ポールはこれからも新作アルバムを出すでしょうけれども、このようにまだ過去に録音した未発表音源がボックスで発表しなければならないくらい沢山ありますので、まだまだ私たちファンを楽しませてくれそうです。

それにしても、海賊盤でもまだ未発表の曲が殆どですね。凄いです。

投稿: JUN LEMON | 2010年3月13日 (土) 00時06分

こんにちは、いつも拝見させて頂いております。今回の話題、大変、興奮致しました!実現してほしいですね。今年は来日が難しそうなので、せめて、CDで楽しませて頂きたいものですね。

投稿: get happy | 2010年3月12日 (金) 23時56分

ノーバッドさん

凄いでしょ?これが出たら海賊盤なんか吹っ飛んでしまいますよね。アナログで出してくれませんかね。

投稿: JUN LEMON | 2010年3月12日 (金) 20時24分

これは!!!! 凄い!! 

発売されたら一騒動でしょうね。

投稿: ノーバッド | 2010年3月12日 (金) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/33737043

この記事へのトラックバック一覧です: 期待される“Paul McCartney Box”のレア音源:

« 20年前の3月4日 | トップページ | 映画“A HARD DAY'S NIGHT”を鑑賞 »