« 映画「レット・イット・ビー」の思い出 | トップページ | 雛人形の意味 »

2010年2月28日 (日)

70年代のヒット曲をUK盤で

映画「レット・イット・ビー」のことを記事にしたら、70年代のことを思い出し、突然当時のヒット曲を聴いてみようと思いました。

ビートルズを聴くようになるのとほぼ同時に、私は深夜放送(TBS「パック・イン・ミュージック」、文化放送「セイ・ヤング」、ニッポン放送「オール・ナイト・ニッポン」など)を毎晩聴くようになりました。その番組内でよく洋楽のヒット曲(当時は英米ロック、ポップに加え、フレンチ・ポップ、カンツォーネ、映画音楽などがなんでもかけられていました)を聴いたものです。70年頃から聴いていましたので、70年、71年頃のヒット曲はよーく憶えており、今聴くとノスタルジーに浸ってしまいます。

その中のヒット曲で、UKのシングル盤で持っているものがありますが、中にはかなり音の良いものがあります。今回は厳選して3枚を紹介いたします。

Rimg1670まず、DAWNの“Knock Three Times(ノックは3回)”。UK盤シングルをターン・テーブルにのせ針を落とした瞬間に、素晴らしい音が広がります。DAWNは1973年に“Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree(幸せの黄色いリボン)”という大ヒット曲がありますが、私が洋楽を聴き始めた頃はこんなボーカル・グループも聴いていたのです。というより、当時はあまりジャンル分けしたりせずに、ラジオから流れてくる曲は何でも聴いていたという方が正しいのかもしれません。

Rimg1671_2次に、二ール・ダイアモンドの1971年のヒット曲“I Am... I Said(さすらいの青春)”。残念ながら、何故か二ール・ダイアモンドは日本では“Sweet Caroline”がヒットしたくらいで、あまり人気のある歌手ではありませんでしたが、Monkeesのヒット曲“I'm A Believer”なども書いています。この“I Am...I Said”は日本では全くヒットしませんでしたが、こうした埋もれた名曲をチェックするのも好きでした。UKのシングル盤ではボーカルやギターの音がとてもいい音で聴こえてきます。

Rimg167270年代といっても後半にはかなり違う音楽が流行るようになりました。いわゆるディスコ・ブームが起きたのですが、最後に紹介するのはBee Geesの“Night Fever(恋のナイト・フィーバー)”です。このUKシングルもいい音です。録音がいいのかもしれませんが、日本盤を聴いたときと全く違う印象を受けました。映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の頃のBee Geesの声は、それまでの彼らとは思えない声で、初めて聴いたときびっくりしました。それでも“How Deep Is Your Love”のように昔ながらのバラードもありましたが。

UKのシングルは海外のオークションなどでかなり安く買えますので、昔のお気に入りの曲を聴いてみてください。「えっ!こんな音だったの?」ときっと思われることでしょう。今日紹介した曲は全てアメリカがオリジナルだと思いますので、今度はアメリカ盤のオリジナルを聴いてみようかと思っています。

|

« 映画「レット・イット・ビー」の思い出 | トップページ | 雛人形の意味 »

コメント

バースデーさん、コメントありがとうございます。

アメリカがオリジナルのアーティストのシングルでも、UK盤の方が音が良いってどういうことでしょうかね?UKの制作技術の方が上ということでしょうか。

「雨を見たかい」や「雨にぬれた朝」、「ウィズアウト・ユー」もUK盤で聴きましたが、やはりいい音でした。近々、「ハロー・リバプール」も届くことになっています。「サマー・クリエイション」は日本だけのリリースだと思いますので、UK盤はないでしょうね。

投稿: JUN LEMON | 2010年3月13日 (土) 14時20分

junさん。こんにちは。先日、お聴かせ頂いた70年代英国盤シングルは本当に素晴らしかったです。あの時代のジェリー・ウォレス「マンダム男の世界」、ジョーン・シェパード「サマー・クリエイション」、カプリコーン「ハロー・リヴァプール」、CCR「雨を見たかい」、パートリッジ・ファミリー「悲しき初恋」、キャット・スチーブンス「雨にぬれた朝」やボビー・シャーマン、ジム・クロウチ、ニルソンなど良い音で聴いてみたいなーっ。懐かしい深夜放送の音は日本盤で。70年代は楽しかったなーっ。その節はありがとうございました!

投稿: バースデー | 2010年3月13日 (土) 04時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/33569148

この記事へのトラックバック一覧です: 70年代のヒット曲をUK盤で:

« 映画「レット・イット・ビー」の思い出 | トップページ | 雛人形の意味 »