« カンボジア難民救済コンサート30周年 | トップページ | LET IT BE 40周年の年の始まり »

2009年12月31日 (木)

2009年の終わり

今年2009年は、ビートルズ関係ではリマスターCD(ボックス)、モノ・ボックスの発売が大きな話題となり(一番盛り上がったのは日本ではないでしょうか?それを冷ややかな目で見る人もいるようですが)、リマスターCDの中で一番人気だったのが“ABBEY ROAD”でした。発表から40周年となるこの傑作アルバムが、記念すべき年に再評価された形となりました。

Rimg1520Rimg1522余談ですが、日本のHMVではリマスターCDにバッジが付いて来ましたが、イギリスのHMVで販売されていたものには、ゲーム“ROCK BAND”のイラストのカットアウトが付いたものがありました。これもバリエーションがあって、4人のイラストはそれぞれ3種類、そして楽器のカットアウトもあります。

今年最後を飾る番組として、FM局J-WAVEで今晩10時から11時40分までビートルズ特集番組が放送されます。先日私も参加させて頂きました「ビートルズ感謝祭」の時の模様も放送されるそうです。

リマスター音源のUSBがこの年の終わりに発売となり、24bitのこの音が大変素晴らしいとのこと。FLAC対応のプレーヤーを持っていないため、私はまだ聴いていないのですが。

このちっぽけなブログは、この1年でアクセスが大変増えて、気がついたら25万アクセスを超えていました。リマスター効果、そしてビートルズの凄さを改めて感じた1年でした。今も平均して多くの方に来ていただいています。本当にありがとうございます!

来年は「LET IT BE 40周年」の年。きっとDVD(Blu-ray disc)が発売されるのではないかと思っています。そして、詳しい方はご存知かと思いますが、“THE BEATLES”というバンド名が使われ始めてから50年となります。(その前からバンド活動はしていたので、ビートルズ結成50周年の年というわけではないと思いますが)更に解散から40年という年でもあります。何かが起きそうな予感。

その他では、1月に“Something”と“Help”のシングルが発売されると言われています。アマゾンでも予約を受け付けていますので間違いないと思われます。そして大分あとになると思いますが、リマスター音源のアナログが発売されるはず。これを楽しみにしている人も多いのでは?

この1年、アクセス頂いた方、コメントを頂いた方には、心より御礼申し上げます。来年もどうぞよろしくお願い致します。

|

« カンボジア難民救済コンサート30周年 | トップページ | LET IT BE 40周年の年の始まり »

コメント

sourさん、あけましておめでとうございます!

>2009年リマスター発売で世界で一番盛り上がったのは日本ではなくイギリスと思います。

おっとそうですか!イギリスではかなりリマスターCDも売れていたそうですので、もしかしたらイギリスかとも思っていたのですが、イギリス在住のある人が冷やかな言い方をしていましたので。そうであれば、さすが本場だ!と思いますね。

日本はマスコミが少し大袈裟に報道するところがあるかもしれません。私の周りでリマスターCDを話題にしていたのは、中学の生徒たちでした。大人は少なかったですかね。

投稿: JUN LEMON | 2010年1月 1日 (金) 18時55分

あけましておめでとうございます。

2009年リマスター発売で世界で一番盛り上がったのは日本ではなくイギリスと思います。ワールドニュースや音楽情報を見聞きしてたらやはり本国かな、と思いました。

私も仕事関係の周りの数人(4,50代)にリマスターの話題を振っても、悲しいほど反応がなかったです。

ゲームソフトも日本語版がまだですし。

では今年も楽しい話題をお願いします!

投稿: sour | 2010年1月 1日 (金) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/32808488

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年の終わり:

« カンボジア難民救済コンサート30周年 | トップページ | LET IT BE 40周年の年の始まり »