« ポールの新曲“(I Want To) Come Home”のプロモCD-R | トップページ | ザ・ビートルズ全曲バイブル 公式録音全213曲完全ガイド »

2009年11月30日 (月)

第5回THE BEATLES TEA PARTY無事終了

第5回THE BEATLES TEA PARTYが無事終了いたしました。

今回は第1部は、ビートルズの歌詞に関する4冊の著書がある、翻訳家の秋山直樹さんを講師にお迎えしての「ビートルズ歌詞講座」、そして第2部が懇親会。歌詞講座では秋山さんより、従来のビートルズの歌詞の誤訳の指摘、そして正しい解釈を解説して頂きました。お話しを伺っていて、今までビートルズの歌詞を訳した翻訳家の多くが、文法や単語の意味を正しく踏まえた上で解釈していないこと、そしてその誤訳が新たに他の翻訳家に訳されてもなお、前の翻訳を踏襲しているため同じ誤訳が繰り返されることを強く感じた次第です。何十年も誤訳が続いているものもあるわけです。

リマスターCD発売以来、音ばかりを話題にしている昨今ですが、ここで歌詞の重要性に関して再認識する必要があると感じ、秋山さんに講義をしていただきましたが、秋山さんのお言葉どおり、歌詞が分かればビートルズはもっと面白くなるのだと思います。秋山さんの4冊のご著書「ビートルズ英語読解ガイド」、「ビートルズ作品読解ガイド」、「ビートルズ英語文法ガイド」、「ビートルズ作品英和辞典」はアマゾンなどでも購入できますが、秋山さんに直接申し込むこともできます。以下のURLで。

http://www.als-jpn.com/publications.html

第2部の懇親会では、まずアビーロードのCD聴き比べをやってみました。用意したCDは、かつて回収となった東芝のCD(世界初のビートルズのCDでした)、UK盤の旧CD、リマスター盤CD、そして東芝のリール・テープをCD-Rに落としたもの。

結果としては、リマスターCDが大変音が良く、ひとつひとつの音がきれいにはっきり聴こえるということと、東芝のリール・テープの音圧の高いことが確認できました。リール・テープの音は、はっきり言ってすごいです。他の2枚はもう「過去のもの」という感じの音でした。

次に、Steve McClureさんがお持ちになった資料をもとに、ビートルズが曲作りで参考にした、或いはパクッた思われる曲を聴いて、解説してもらいました。特に唖然としたのが、Peter, Paul & Maryが歌う“Stewball”。ジョンの“Happy Xmas”と殆どメロディが同じ!! これは“He's So Fine”をパクッたということで裁判沙汰となった、ジョージの“My Sweet Lord”どころではありません。殆ど同じなのですから。びっくりしました。以下のURLで聴いてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=H817pSQS5nA

今回のTEA PARTYでは展示が復活。ビートルズのコンサート資料を展示しました。内容はシルバービートルズ時代の契約書、アメリカ・ポートランドでのコンサート契約書、UK, USのコンサート・プログラムとチケット、日本公演のプログラム、チケット(A,B,C席券)と当時の雑誌(サンデー毎日、週刊朝日、週刊読売臨時増刊、週刊サンケイ、アサヒ・グラフ、ティーン・ビート、ミュージック・ライフなど)、その他、もろもろの品物を展示しました。ビートルズ来日時の古い映像集めたDVDを見たリアル・タイムの方からは「懐かしい」と声があがりました。

今回のTEA PARTYをもって、一区切りとさせていただきました。今まで何度もご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。皆様と過ごした時間はこれからも決して忘れることはないでしょう。あの場の雰囲気、参加者の皆様の暖かい眼差し、お話しをしてくださった皆さん、バンド演奏をしてくださった皆さんの楽しかった内容、等々、終わってしまった今では夢のようです。

銀座の「樹の花」でやる時以外は参加費をいただきませんでしたが、今でもそれは正しかったと思っています。お金以上のものを私は参加者の皆様からいただいたのですから。私はビートルズをライフワークにしようとも、ビートルズとともに生きようとも(仕事にしようとも)思っていませんが、ビートルズで楽しむことはこれからも続けて行きたいと思っています。皆様にその楽しみ方のお手伝いが、このTEA PARTYを通じて出来ていたとしたら、この上ない幸せです。この会がめざしていたことは、おかしなビートルズの観念論(巷では勝手な妄想、嘘までが作り上げられていますが)にならないように、また、ある事柄だけに偏らないように(音だけにこだわり過ぎて、ビートルズの詩を正しく理解しようとしなかったり)努めてきたつもりです。

大勢の素晴らしい方との出会いはまるで夢のようでした。特に会田公さんとの出会いによって私はビートルズへの想いを新たにしました。このTEA PARTYを開催するきっかけになったのが、まさに会田さんとの出会いでした。会田さん、貴重なビートルズとのお写真を2枚もありがとうございました。一生の宝物にします。

いつの日か、また違った形で参加者の皆様とお会いできるように、精進して参ります。それまでしばしのお別れです。本当にありがとうございました!

|

« ポールの新曲“(I Want To) Come Home”のプロモCD-R | トップページ | ザ・ビートルズ全曲バイブル 公式録音全213曲完全ガイド »

コメント

sourさん、ご連絡ありがとうございます!
秋山さんが出演なさるなら要チェックですね。放送日がわかりましたら、このブログで紹介させていただきます。情報ありがとうございました。

投稿: JUN LEMON | 2009年12月28日 (月) 23時54分

NHKFM、土曜日の朝「ウィークエンドサンシャイン」というピーターバラカンさん司会の番組がありますが、1月に翻訳家の秋山直樹さんを迎えてビートルズ特集をするとの案内がありました。正確な放送日は不明。

どんな話が聞けるか今から楽しみです。

投稿: sour | 2009年12月28日 (月) 17時09分

youkoさん、コメントありがとうございます。

最後のTEA PARTYで秋山直樹さんに歌詞の講義をして頂いて、ビートルズの詩を真剣に考えてみようという気持ちになりました。巷ではどこもかしこも「音」ばかりに関心が行ってしまって、これではビートルズの作品に関して「偏り」が生じ、正しく理解されなくなってしまうのではないかと思いました。

ビートルズファンの中には、「ビートルズの歌詞は解りにくい」、「英語は苦手だから」、「日本人には解らない」などと平気で言う人もいます。また全く歌詞を理解しないで、ビートルズの専門家みたいに自分のことを語っている人もいます。そして全く誤ったことを言い出す人もいます。

歌詞は大切です。歌詞をよく理解した上で音を楽しめば、ビートルズの世界はもっと広がるのだと思います。

投稿: JUN LEMON | 2009年12月 5日 (土) 15時34分

tea partyは今回で終了されるのですね。
参加できなかったですが、素敵なお話がたくさん伺えて楽しませて頂き、ありがとうございました。
秋山さんのご本も早速取り寄せて読んで見たいと思っています。
私自身は十代半ばの勉強途中(中、高校時代)にリアルタイムで聴き倒した世代ですが、当時は、ホワイトアルバムなど、特にジョンの曲など、はなから意味不明!!!と思い(訳出不可と書かれていたような?!)、雰囲気で聴いていて、まあ樂曲の素晴らしさだけでも十分!とばかりに、訳詩なども大して読まなかった気がします。
ところが、たぶんjunさんもご覧になられたと思いますが、ジュリーテイモア監督の「アクロスザユニヴァース」を今年になって、遅れ馳せながら評判を聞きつけて鑑賞した時、ストーリーを型造っているビートルズの挿入歌たちの歌詞の素晴らしさ、意味深長さに(!和製英語で歌えても、哀しい哉母国語でないので、うすぼんやりとしか、意味がわかっていなかったのです!!!)目を啓かれる思いがしたのです。
今まで、覚えるくらい繰り返し聴いていても意味を知らなかったなんて、あまりにももったいなかったなあと、その映画を観て改めて思っていたところでしたーー。
秋山さんのご著書もご紹介して頂き、渡りに船(!)という気がしました。早速読んでみます!
tea partyは終了されても、junさんと、そのお人柄に引かれて集う皆様のビートルズへの愛には、私もいつも温かい気持ちになります。これからもいろんな情報発信に期待しておりますので、どうぞ宜しくお願いします。

投稿: youko | 2009年12月 4日 (金) 18時57分

「ベスト・リマスター」盤を作って頂きありがとうございます!光栄です。

「ユー・ウォント・シー・ミー」いいですねえ!アルバム「ラバー・ソウル」は本当に良い曲が多いです。この曲は昔へレン・レディもカバーしてヒットさせていましたね。

投稿: JUN LEMON | 2009年12月 2日 (水) 13時06分

赤井川塾さん、コメントありがとうございます。

TEA PARTYは本当に有意義でした。これは企画だけではなく、参加された皆さんのお蔭なのです。

リールテープはリマスターCDより音圧がはるかに高く、びっくりしてしまいます。もちろん音圧が高いだけでは「いい音」と定義することはできませんが。

私の次の夢は、いつの日か赤井川塾でこのTEA PARTYを実施させて頂くことです。

投稿: JUN LEMON | 2009年12月 2日 (水) 12時58分

むんむんさん、ご参加頂きありがとうございました。

ビートルズの歌詞に関してはずっと気になっていたのですが、秋山さんのご著書を読ませて頂いて「やっぱり何かやらなくては」と思ったのです。音の探究を私もやっていましたが、それだけでは全く不十分だと、この歌詞講座をやって頂いて再認識しました。音と歌詞は車の両輪のようなものだと思います。

またお会いしましょう!

投稿: JUN LEMON | 2009年12月 2日 (水) 12時39分

記事「全リマスターから一曲ずつを選ぶ」にてJUNさんが選んでくださった曲で、勝手ながら『LEMON版ベスト・リマスター』を作って聴いています。やはり奥深いですね…本当にありがとうございました。

私がリマスターで「いいなぁ」と思ったのは最近では、「ユー・ウォント・シー・ミー」です。なんといいますか、あらためていい曲だと思い、あらためて感動しました。

投稿: 赤井川塾 | 2009年12月 2日 (水) 09時23分

いやはや…こういう記事を読むと、北海道の田舎で雪かきしてる場合じゃないな、と思っちゃいますね…。

ティーパーティーの有意義なようすが伝わってきます。

「リールテープの音は、はっきり言ってすごいです」

というJUNさんの口調だけで、その「スゴさ」に思いをめぐらせてしまいます…。聴きたい…。

投稿: 赤井川塾 | 2009年12月 2日 (水) 09時16分

御礼を申し上げるのが遅くなってしまいましたが、一昨日も本当に楽しくて、勉強になりました。
いろいろ準備までご苦労があったと思いますが、本当にありがとうございました!

英語の詞、JUN LEMONさんのおっしゃるとおり、あまり読んでいませんでした。(日本語も読んでませんでしたが...)これからはちゃんと読んでみようと思います。目からウロコでした。

これからも、TEA PARTYとは別の形でも、いろいろご教示いただければ幸いです。
今後とも、よろしくお願いいたします♪

投稿: むんむん | 2009年12月 1日 (火) 18時16分

taishihoさん、何度もこのTEA PARTYにご参加頂きまして、誠にありがとうございました。そしてあの素晴らしい「マッカートニーローズ」の版画をありがとうございました。一生大事に致します。
また探検隊の皆様とお会いしたいと願っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。

投稿: JUN LEMON | 2009年12月 1日 (火) 02時50分

なべちゃんさん、コメントありがとうございます。この会を2年にわたって開催してきて、ビートルズファンで良かったとつくづく思っています。素晴らしい方たちとの出会いが、この会を盛り上げる原動力でした。

投稿: JUN LEMON | 2009年12月 1日 (火) 02時45分

ジミーさん、お誘いできなくて申し訳ありませんでした。

ビートルズの歌詞の翻訳は誤りだらけですね。All You Need Is Loveはその最たるものです。是非一度秋山直樹さんの本をお読みになってみてください。

投稿: JUN LEMON | 2009年12月 1日 (火) 02時42分

ノーバッドさん、5回のTEA PARTY全てにご参加下さいまして、本当にありがとうございました。これからはゆっくりとノーバッドさんのリアルタイムのお話しを聞かせて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します!

投稿: JUN LEMON | 2009年12月 1日 (火) 02時36分

大変ありがとうございました。
そしてご苦労様でした。
とても有意義な時間を過ごせました。
貴重なコレクションを沢山拝見できて
豊富な知識と情報と体験とビートルズに
対する情熱的な愛情を持った素晴らしい
人たちに出会えて本当に良かったです。

投稿: taishiho | 2009年11月30日 (月) 22時21分

JUNさん、こんばんは
毎回Tea Party 企画・設営も含め
ご苦労さまです!回を重ねる事に
新たな側面を切り開いてくれている事に
とても感謝せずにはいられません!

 :たとえ参加出来なくても、
  コメントで、ビートルズワールド
  が更に広がる感がします。

2010年のアナログ発売が楽しみ。
 :金額も心配・・・・

投稿: なべちゃん | 2009年11月30日 (月) 20時13分

こんにちは。
TEA PARTY、一度参加してみたかったのですが今回をもって終了なんですね。

ビートルズの歌詞は、特にジョンの曲などは言葉遊びが多いような印象ですが、もしかしたら誤訳されて意味が解らなかったものもあったのでしょうかね?

投稿: ジミー | 2009年11月30日 (月) 15時36分

ありがとうございました~ ヽ(^。^)ノ
今回も、色々とプレゼントも頂き、
ホントに楽しいくて、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。
大掛かりなものではなく、小規模な集まりを続けて行きたいですね。

“Stewball”この歌。
Holliesも歌っているんですね。
このバージョンも良いです (^o^)v
http://www.youtube.com/watch?v=M_ITbqhDZ2M

投稿: ノーバッド | 2009年11月30日 (月) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91151/32423951

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回THE BEATLES TEA PARTY無事終了:

» 第5回THE BEATLES TEA PARTYに参加して。 [むんむん's Diary]
先週末は、土曜日がお昼にスイス発のインド映画【タンドリー・ラブ】を見て、夜はポー... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 18時16分

« ポールの新曲“(I Want To) Come Home”のプロモCD-R | トップページ | ザ・ビートルズ全曲バイブル 公式録音全213曲完全ガイド »