« 悲しくてやりきれない | トップページ | ビートルズ関連洋書新刊2冊 »

2009年10月25日 (日)

トキワ荘と寺田ヒロオに思いを馳せ

子供の頃は、少年サンデー、マガジン、ジャンプと毎週3冊を買って読んでいた私ですが(時には少年キング、チャンピオンも読んでいました)、最近はまったく漫画を読まなくなってしまいました。それでも、昔の漫画は読み続けています。最近、講談社からいろいろな過去の漫画が発行されていて(ごく最近では手塚治虫の全集が文庫で発売開始となりました)、昨年も横山光輝の「伊賀の影丸」が出ていたので購入して、思い出に浸りながらじっくり読みました。読んでいて「これが40年以上前に描かれた漫画なのだろうか」と再び感動した次第です。横山光輝は本当に絵が素晴らしい。そしてストーリーも。

1960年代に読んでいた漫画で、少年サンデー連載の「暗闇五段」というのがありました。トキワ荘にいた漫画家のうちのひとり、寺田ヒロオの傑作です。その後時代を遡って、「スポーツマン金太郎」や「背番号0」などを愛読しました。寺田ヒロオの漫画は人間の醜い部分と優しい部分を描き、そして最終的には「どんな人間でもみんなお互いに分かり合える」という内容のものが多かったです。今の漫画にはこれがないですね。時代が違うせいでしょうか...。

今、豊島区と文京区で漫画に関する催しが行われています。

http://www.city.toshima.lg.jp/bunka/shiryokan/oshirase/015987.html

http://www.city.bunkyo.lg.jp/rekishikan/event/index.html

時間を作って必ず足を運ぼうと思っています。トキワ荘と寺田ヒロオに思いを馳せながら...。

|

« 悲しくてやりきれない | トップページ | ビートルズ関連洋書新刊2冊 »