« 祝 Abbey Road 40周年 | トップページ | “Abbey Road”の虫の鳴き声 »

2009年10月 2日 (金)

ちょっと違う“ABBEY ROAD”のまとめ

以前、UKオリジナルとはちょっと違うLPを紹介しましたが、ここでもう一度まとめてみようと思います。

Rimg1387_2(フランス盤=セカンド・プレス以降)

フランス盤でセカンド・プレス以降のABBEY ROADは、“COME TOGETHER”の頭の「シュッ」という音が少しだけ欠けています。ファースト・プレスはちゃんとUKと同じになっているのですが。ちなみにフランスのシングル盤も欠けています。

Rimg1388_2(イタリア盤=初期プレス)

イタリア盤の“I WANT YOU”は最後がフェイドアウトしていきます。イタリアEMIの担当者は突然音が切れるのがおかしいと思ったのでしょうか、ジョンの意図を全く汲み入れず、フェイドアウトさせてしまいました。初期の「STEREO/MONO」の表示があるレーベルの盤です。これは2種類ありますが、どちらもフェイドアウトします。ちなみにメキシコ盤EPはモノでフェイドアウトします。

(ベネズエラ盤など一部の南米盤)

HER MAJESTYがカットされてしまっています。これは意図的にやったとしか思えませんね。

これらはまだ各国で勝手な編集をしていた時代の産物です。その「お蔭」でコレクターズ・アイテムになっていますが。私のお奨めはイタリア盤です。オークションに出てきても、まだそれほど高値にはなりません。

|

« 祝 Abbey Road 40周年 | トップページ | “Abbey Road”の虫の鳴き声 »