« 45年前に思いをはせ | トップページ | 祝 Abbey Road 40周年 »

2009年9月18日 (金)

トゥワイライト・イベント ザ・ビートルズ・ナイト ザ・ビートルズ新リマスター盤体感検証

17日、丸の内の「ケンウッドスクウェア」で開催された、『ザ・ビートルズ・ナイト ザ・ビートルズ新リマスター盤体感検証』に行って参りました。

星加ルミ子さん、福岡耕造さん、広田寛治さん、淡路和子さんの出演で、ビートルズのUKオリジナル・シングル、LPとモノ・ボックス、リマスターCDからの曲の聴き比べが行われました。

聴き比べはもう疲れたなと思っていた私ですが、今回、広田寛治さんから、コンピューターの波形解析から“Across the Universe”のモノ・ミックスとステレオ・ミックスは、コーラスが違う、“Come Together”では40秒あたりに音が加えられている、というご指摘があり、再び興味が湧きました。リマスターなのに「音が加えられている」ということが大変不思議に思いましたが、これから聴きなおしてみようかと思います。

星加ルミ子さんは、1967年の“Fool on the Hill”の録音時に取材したお話しと、ご自身とオノ・ヨーコとの関係を、大変興味深く話して頂きました。あまり聞いたことがなかったのですが、1967年のスタジオで「遭遇」して以来、オノ・ヨーコとはいろいろあったようです。来年の春にも本を出したいとおっしゃっていました。楽しみです。

|

« 45年前に思いをはせ | トップページ | 祝 Abbey Road 40周年 »