« モノ・ボックス収録“Across the Universe”の情報 | トップページ | リマスターCDのレーベル公開 »

2009年8月 8日 (土)

第4回TEA PARTY開催

本日8月8日、東銀座「樹の花」において第4回TEA PARTYを開催しました。

今回は「樹の花」での開催ということで、限定20名で、今まで参加してくださった方々に一人ずつ順番にご参加の有無を確認して参りました。そのため、今回は全ての方には声をお掛けできず、誠に申し訳ありませんでした。

今回の日程決定の段階で、8月2日か8日を候補にあげていましたが(どちらも大安)、40年前の8月8日がAbbey Roadのジャケット写真撮影の日だったということで、この日に決定しました。ところが本日、そのことを皆さんに言いそびれてしまいました。(全くドジな私です)

今回のパーティでのクライマックスは最初にやって来ました。30年前の8月4日に、この「樹の花」へジョンとヨーコがやって来た時のお話を、ご主人の成沢弘子さんと息子さんの真樹さんに、詳しくお話しして頂きました。「樹の花」では、紙に書かれたジョンとヨーコのサインはいつも目にしているのですが、今回、何と真樹さんが二人にサインとイラストを書いてもらったTシャツを披露して下さいました。参加者全員が「触る」こともでき、感激の瞬間でした。成沢さん、真樹さん、当時のお話を詳しくお聞かせ頂き、また大変貴重なお品を拝見させて頂き、ありがとうございました!そして、開店30周年、おめでとうございます!

その後、20人の参加者の皆さんに自己紹介をして頂き、懇親会という形で進めていきましたが、皆さんに「思い出の品」をお持ちいただき、ひとりひとりのビートルズへの思いを語って頂きました。ビートルズのリアル・タイムの方、私と同じく解散の頃からのファンの方など、時間差はあってもファンとしての熱い気持ちは同じなのだなあとつくづく感じました。

ポールのHalifaxのコンサートに行かれたむんむんさんからは、公演の様子をお話しして頂き、貴重なお写真まで参加者全員にプレゼントして頂きました。むんむんさん、ありがとうございました!むんむんさんのポールへの「熱い」思いが伝わって来ましたよ。

ビートルズ来日時にビートルズ・ファン・クラブのために通訳として4人に会った会田公さんも、第1回以来久しぶりにご参加頂き、何とビートルズ会見時の未発表写真をご提供下さり、参加者全員にプレゼントして頂きました。会田さん、今回も当時の貴重なお写真をありがとうございました。大切にいたします!

そして、ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画(監督・マーティン・スコセッシ)の、日本での資料担当をしておられるEthan Green(イーサン・グリーン)さんにも途中から参加して頂き、お仕事の進行状況などをお伺いしました。映画は、早ければこの12月にもアメリカで上映されるとのことでした。イーサンさんは、日本のビートルズ熱の凄さに驚かれた様子で、レコード店にビートルズだけのコーナーがあり、CDなどがたくさん販売されていることに、とても感動したそうです。(アメリカではあまりないことだそうです)

そして最後に、ジャンケン大会でのプレゼントを行い、今回のTEA PARTYを終了させて頂きました。

前ブログでも書きましたが、素晴らしいビートルズ・ファンの方々と楽しい時間を持てることは、本当に幸せなことです。また決してこの会が懐古趣味的なものではなく、これからのビートルズの楽しみ方を提供するものであるようにしたいと思っています。今後ともよろしくお願い致します!!

今回私は全く写真がとれませんでしたので、ringoさん、taishihoさん、ノーバッドさんのブログでご覧下さい。

http://d.hatena.ne.jp/ringo-starr/20090809

http://d.hatena.ne.jp/taishiho/20090808

http://no--bad.blog.so-net.ne.jp/2009-08-12

|

« モノ・ボックス収録“Across the Universe”の情報 | トップページ | リマスターCDのレーベル公開 »