« ジョージのドキュメンタリー映画への資料提供のお願い | トップページ | ジョージのドキュメンタリー映画への資料提供のお願い その2 »

2009年7月 4日 (土)

ビートルズ・フィリピン公演のメモラビリア

1966年7月4日は、ビートルズがフィリピン公演を行った日。皆さんもご存知のとおり、当時のマルコス大統領婦人イメルダ主催のパーティに出席しなかったため暴動が起き、やっとの思いで出国したビートルズ一行。4人はそれ以来一度もフィリピンを訪れたことがありません。ビデオ・アンソロジーではリンゴが「フィリピンなんか大嫌いだ」と言っています。ポールもマルコス政権が崩壊したことに関して、「自分たちが正しかったことが証明された」と言っています。

今日は、ささやかですが、フィリピン公演のメモラビリアを紹介します。以前紹介したものもありますが、あまりよく知られていないフィリピン公演の品々です。

Philippines_programまず、公演プログラム。カラーの表紙でなかなかよい感じです。でもやはり日本公演のプログラムが最高だと思いますが。

     

 

Rimg1302次に公演のチラシです。4人の顔は写真ではなく、手描きの絵が使われています。フィリピンの歌手なども掲載され、かなりローカルな感覚のチラシです。

 

    

Rimg1299Rimg1300Rimg1301こちらは当時のステッカー。当初、ARANETA COLISEUMという競技場で開催される予定だったようですが、のちにRIZAL MEMORIAL FOOTBALL STADIUMに変更されます。このステッカーでその変更を見て取れます。

フィリピンでは当時、ポマードからセロテープまで、非公認の商品がたくさん売られていました。現在でも当時のものがオークションで出品されることがあります。それらの中でも上記のステッカーは、不思議と高値で取引きされるのです。

 

まったく関係ないのですが、先日記事として書いた「版権」に関して、知り合いの法律家の話では、法的には「版権」という言葉は存在しないのだそうです。「著作権」という言葉が正しいとのことです。一般的にも、「版権」という言葉は曖昧な言い方で、正しい表現とは思えないとのことです。マイケルのことを書いた記事でまだ「版権」という言葉を使用していましたので、訂正しました。やはり言葉は正しく使わなければ。

|

« ジョージのドキュメンタリー映画への資料提供のお願い | トップページ | ジョージのドキュメンタリー映画への資料提供のお願い その2 »