« ビートルズのリマスターCDの価格 その3 | トップページ | ブログ開設3周年 »

2009年4月19日 (日)

エレイン・ペイジが歌う“HOT AS SUN”

もうニュースなどでご存知の方が多いかもしれませんが、今YouTubeで4300万回を越える再生のビデオがあります。イギリスのタレント発掘番組“Britain's Got Talent”に、47歳の女性スーザン・ボイル(Susan Boyle)さんが出演した時の模様のビデオです。

ステージに登場した時、その風貌を見て「何でこの人が?」というような感じで会場からは落胆のため息が漏れます。審査員が「夢は何ですか?」と質問すると、「エレイン・ペイジのような歌手になりたい!」と屈託なく応答します。聴衆からは嘲笑が漏れます。

その彼女が一旦歌い始めると...。その結果は次のURLでご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg&NR=1

スーザンさんが言っていた「エレイン・ペイジ(Elaine Paige)」はミュージカルが好きな人なら誰もが知っている女性歌手(ミュージカル女優)です。

ミュージカル“Cats”の曲“Memory”での彼女のボーカルは世界を魅了しました。

http://www.youtube.com/watch?v=s96NZoeDs68

実は彼女はポールのアルバム“McCartney”の中の1曲“Hot As Sun”をカバーしているのです。

Rimg0977Rimg0978アルバムの中ではインストゥルメンタルでしたが、エレイン・ペイジは何とティム・ライスによる歌詞付きで歌っているのです!残念ながらYouTubeにはビデオがありませんでしたので詳しく紹介できませんが、トロピカルな曲調になっていて、とても楽しい感じで歌われています。ポールが書いたインストゥルメンタルの曲が、他の人に歌詞を付けられて発表されるというのは大変珍しいケースでは?以下のURLで少しだけ試聴できます。

http://www.ongen.net/search_detail_track/track_id/tr0001000724/

|

« ビートルズのリマスターCDの価格 その3 | トップページ | ブログ開設3周年 »