« “LINDA”の作曲者逝去 | トップページ | 祝 WBC2連覇!! 九勢術恐るべし!! »

2009年3月23日 (月)

WBC決勝を九勢術で占うと

ここ数年、野球に関して興味を失っていたのですが、WBCで日本が決勝まで進んだとのことで、久しぶりに楽しみにしています。でも、ナショナリズムがむき出しになるのはどうかと思っています。何故スポーツはスポーツと割り切れないのでしょうかね。どちらが勝っても、終わった後には握手くらいして、健闘を称えあうようにして欲しいです。韓国にも「神聖」なマウンドに旗をたてるような国際感覚からかけ離れたことはやめて欲しいですね。

ここで、これも久しぶり、九勢術で占断してみることにしました。

まず、両チームの監督の運勢ですが、年で見てみます。韓国の金寅植さんですが、マスコミが言うとおり「苦労人」ですね。八白土星でした。今年八白は巽宮にあり、最強の運勢です。しかも八白土星は晩年運ですので、監督の采配次第で優勝も可能だと思います。日本の監督原辰徳さんは六白金星。子供のころからめぐまれた野球環境にあったことが頷けます。今年六白は坤宮にあり、これもまた強い運勢です。選手にも恵まれている位置です。采配というより、選手の調子次第で、選手を信じることではないかと思います。

日で見てみると、金監督は震宮にあり強力、原監督はカン(土へんに欠)宮にあるので大凶。こう見ると、金監督の采配が冴える日ということになります。原監督は正攻法で行き、選手を信頼すべきだと思います。戦況を冷静に見つめ、あまり相手の采配に動揺を見せたりしないことです。

月で見ると金監督の八白は離宮にあり大凶。打線に火がついて逃げ切る形ならば、優勝しますね。投手戦で接戦になって、守備、攻撃にミスが出たら負け、ということになると思われます。原監督の六白は兌宮にあり中吉。やはり正攻法で選手の力を信じ、相手の奇襲に目を配り冷静に対処すれば優勝も見えてくる。

投手に関しては、韓国の奉重根選手は二黒土星。今年の運勢は中吉。大一番で普段のピッチングができるかどうかが鍵になります。立ち上がりに苦しむかも。日本の岩隈選手は一白水星。運勢は変動的です。やはり立ち上がりが肝心。彼が序盤で打ち込まれたら、日本に勝ち目はありません。バックがしっかり守ってあげることですね。

その他では、韓国の4番、金泰均選手は四緑木星で運勢は良くありませんので、その前後の選手の活躍次第でしょう。準決勝のような長打をねらったら、日本のピッチャーの術中にはまります。日本では六白金星の城島選手のリードと打撃が鍵を握っています。イチロー選手に代わって、彼がチームを引っ張ることが優勝に繋がるようです。彼が打点を稼ぐようならば、日本の勝利が見えてきます。彼以外で運勢の良い選手は片岡選手です。彼にチャンスが回るとおもしろいですね。

最後にもうすこし当日の試合を深く占ってみます。両監督を占ってみて出た占断では、原監督有利と出ました。正直私は韓国の方が運勢的に強いと思っていたのですが、意外にも金監督の運勢が大凶と出たのです。これには驚きました。何か手違いが起きると出ているのです。期待していた選手に裏切られるということも出ています。対して原監督は大吉。じっくり腰を据えてじっと我慢の野球ができるかにかかっているようです。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。明日の試合を楽しみにしています。

|

« “LINDA”の作曲者逝去 | トップページ | 祝 WBC2連覇!! 九勢術恐るべし!! »