« 映画「小三治」 | トップページ | Feel the Difference of the Blu-spec CD »

2009年2月28日 (土)

Revolution 1の別テイクの話題

Revolution 1のtake 20が、10分以上あるfull versionでインターネット上でアップされています。

Rimg0889Rimg0890このtakeのedit version(5:11)は、2年ほど前に出たbootleg LP“Sessions”に収録されていました。(このLPではtake 18として紹介されていますが)そのジャケットにも解説が載っていて、本来は「10分以上ある」ものである旨が記されていました。

因みにマーク・ルーイソン著の『ビートルズ・レコーディング・セッション』によると、1968年5月30日にtake 1からtake 18までが録音され、31日にはtake19が、そして更にそれをもとに6月4日にtake 20が製作されたと記されています。

Rimg0891Rimg0893音は大変良く、テープ・ループのイフェクトが途中に挿入され、興味深いバージョンにな っています。発売当時はLPだったのですが、もうCDも出ているという噂。

※このLPは2枚組みで、以前出ていた“Sessions”の内容が1枚目で、2枚目は違う内容のレコードとなっています。

そして今回、インターネット上で、full versionの登場となったわけです。

次のURLでこのテイクを試聴できます。

http://mog.com/myeverpresentpast/blog/1233861

http://www.buzzfeed.com/tweetmeme/beatles-revolution-1-take-20mp3

流石にfull versionとなるとすごい!SEがこりにこっています。Revolution1と9との関係が、このテイクを聴くとよく分かるような気がします。上の一つ目のブログの管理者は“Revolution 1.9”なんて洒落た言い方をしていますが。

こちらではダウンロードすることが出来ます。

http://www.megaupload.com/?d=FYMCBJKH

|

« 映画「小三治」 | トップページ | Feel the Difference of the Blu-spec CD »