« Once Upon A Long Ago | トップページ | 愛犬“ペペ”のこと »

2008年12月 9日 (火)

Here Today

ポールのジョンへの想いがしみじみと伝わってくるこの曲は、ジョンの死後1年4ヵ月経って発表されたアルバム“Tug Of War”の5曲目。

実はこの曲を初めて聴いた時は辛かった。ジョンの死から1年以上経って、ようやく消えかけていた悲しみが、また呼び起こされてしまったからです。(でも別にポールを非難しているわけではないです)

そして、2002年、目の前で(親友のS君がアリーナど真ん中2列目のチケットを譲ってくれた)ポールがこの曲を歌った時は、ポールと東京ドームの観衆が悲しみを分かち合えた気がした。歌詞のように、この歌の中にジョンがいた。

And If I said I really knew you well

What would your answer be?

If you were here today

Here Today

(中略)

And if I say I really loved you

And was glad you came along

Then you were here today

For you were in my song

Here today

※今、海外のいくつかのこの歌詞のサイトを見ると、最初の部分が“And If I say”になっていますが、Tug Of Warのスリーブ及び詩集“Blackbird Singing”にはちゃんと“If I said”と記されています。仮定法過去ってやつです。現在の事実に反する仮定、つまり、ジョンはいないから、実際には言うはずのないことを仮定するわけです。“What would your answer be?” も “If you were here today”もみーんな仮定法過去。実際にはジョンが今ここにいないけれども、いると仮定している。

でも歌詞の最後の方になると “If I say”になっている。これは、ポールの気持ちの変化を表しているのではないかな。(もしかしたら単純に現在形にしただけかもしれませんが)今このときに、ジョンは生きている、ジョンがそばにいると感じたので、「言える」、「言いたい」という気がしてたのかも。“I really loved you and was gald you came along”とジョンに向かって。

http://jp.youtube.com/watch?v=FjwnWU6OsaI&feature=related

|

« Once Upon A Long Ago | トップページ | 愛犬“ペペ”のこと »