« UK REEL-TO-REEL TAPE MONO(Abbey Road, Let It Be, McCartney) | トップページ | 2009年 明けましておめでとうございます! »

2008年12月31日 (水)

2008年を振り返って

激動の2008年が終わろうとしています。個人的にも、世の中も、まさに「激動」の1年でした。五十路を過ぎた体に鞭を打って、私立中・高の教員の仕事にカムバック。また大手の塾の仕事にも携わりました。(こちらはきつかったですね。生徒はみんな良い子たちなんですけど。でもあの塾は何であんなに生徒をほめないんだろう。ほめればもっともっと伸びるのに)

ビートルズ関係では、今年“TEA PARTY”という会を始め、このブログを通じて多くの方にお集まりいただきました。7月には、ビートルズの日本公演時にファンクラブのためにビートルズに会見、通訳をなさった会田公さんにお会いでき、東銀座「樹の花」でのTEA PARTYにもご出席いただきました。とても貴重なお話を聞かせていただき、充実した1日となりました。11月には文京福祉会館にて第2回のTEA PARTYを実施することができました。前ビルボード・アジア支局長のスティーブ・マックルーアさんやH爺さんをゲストに、レコードやウイングスの公演に関するトークを開催。ブログ“WINGSFAN”に開催のお知らせを載せていただき、参加者が3倍になりました。ありがとうございました。(来年は三桁をめざそうかな)

Rimg0001愛犬のぺぺは、結局耳の状態がよくなりませんでしたね。でも元気いっぱいに街を走り回った1年でした。(今では私より年寄りのはずなのに、とっても元気です)来年は耳を完治させてくれる名医に出会いたいです。

来年は更に大変な年になりそうです。でも大不況、大恐慌の年に、敢えて新しいことを始めてみようかと思っています。教育の仕事と二足の草鞋を履くことになるかも。塾は果たして続けられるだろうか。できれば、きちんと「英語」を教えてみたいですね。受験の道具としての英語ではなく。(塾に来ている生徒の音声面での能力の低いことには驚きました。音声的にしっかりすれば、聞く、読む、書くことにも良い影響を及ぼすのですが、塾ではそのようなやり方は必要ないようです)子供たちには点数をとることで「英語力が伸びた」だなんて思って欲しくないですね。そんなもん、社会に出てみれば何の役にも立たないことがわかるでしょうから。もうこんな英語の勉強は必要とされなくなる日も近いような気がします。大不況・大恐慌がきっかけとなって。

この1年はいい勉強をさせていただきました。自分の進むべき方向が少し見えてきた気がします。来年は余裕を持って仕事をしていきたいですね。そして働けることに深く感謝し、趣味と仕事を両立させながら、もっと前進していきたい、そう思っています。

この1年、このブログを読んでくださった方々、コメントをくださった方々に心より御礼を申し上げます。来年は「Abbey Road40周年」をテーマに、TEA PARTYや他の活動も行ってみたいと思います。皆様、来年もよろしくお願い致します。

どうぞ良い年をお迎え下さい!

|

« UK REEL-TO-REEL TAPE MONO(Abbey Road, Let It Be, McCartney) | トップページ | 2009年 明けましておめでとうございます! »