« ビートルズ来日時のお話を伺う | トップページ | 「ヤア!ヤア!ヤア!」の名付け親 »

2008年6月15日 (日)

坂本九の「スキヤキ」

Rimg0157 今から45年前の今日、全米ヒットチャートで、日本人歌手の曲がNO.1となりました。坂本九の「スキヤキ(上を向いて歩こう)」です。ビートルズが全米ヒットチャートを賑わす以前のことです。左の写真は右側が日本盤ファースト・プレス、左側がセカンド・プレスです。

 

 

Rimg0158 1963年6月15日、ビルボード誌全米シングル・ヒットチャートの1位に輝いたわけですが、それを受けて坂本九は、アメリカのTVにも出演します。その時の模様を見たことがあるのですが、彼は英語など全くしゃべらず、スタジオに集まった多くのアメリカ人を前に何と日本語で小噺を始めるのです。例によってあのにこやかな顔で、全く分からない言語で話されたスタジオのアメリカ人は、内容が分からないにも拘らず大爆笑をするのです。坂本九が、日本の歌手が、アメリカに受け入れられた瞬間でした。これを見てすごいなあと思いました。写真は右側がUK盤、左側がUS盤の「スキヤキ」です。

 

Rimg0159 その後、世界各国でこのレコードが発売されるようになります。おそらく一人の日本人歌手のものとしては、最も多くの国で発売された曲ではないかと思われます。右側がドイツ盤、左側がイタリア盤。

 

Rimg0160 ヒットチャートを詳しく調べたわけではありませんが、坂本九以外で全米NO.1に輝いた日本人歌手を私は知りません。アジアではNO.1になった曲はあると思いますが、全米NO.1の曲が出ないのは何とも悲しいことです。写真は右側がブラジル盤、左側がフランス盤です。

 

果たして、これから先、坂本九のこの曲のように全米NO.1に輝く曲は出るのでしょうか。日本の音楽界の現状を見ると、無理のような気がしてなりません。

|

« ビートルズ来日時のお話を伺う | トップページ | 「ヤア!ヤア!ヤア!」の名付け親 »