« ビートルズ来日時のBFC会報、そして... | トップページ | 坂本九の「スキヤキ」 »

2008年6月11日 (水)

ビートルズ来日時のお話を伺う

Rimg0151 今日は大変幸せな日でした。それというのも、昨日予告しましたとおり、ビートルズ来日時にビートルズ・ファン・クラブ(BFC)会長・下山鉄三郎さんとともに東京ヒルトン・ホテルでビートルズと会われ、下山さんのために通訳をなさった会田公さんとお会いしたからです。左の写真は会田さんがジョージからBFCのメモパッドに サインしてもらったものです。

このサインをいただいた方が目の前にいて、優しい眼差しで当時の思い出を語ってくださっているのが、私にとってはまるで「夢」みたいな気分でした。「4人と握手し、通訳をし、ジョージからサインまでもらった方が自分の目の前にいる」と思っただけで、幸せな気分に包まれました。会田さんが通訳を引き受けられた経緯や、下山鉄三郎さんのこと、4人のことを40分間にわたってお伺いしました。会田さんはこのビートルズとの会見後、何度となく町で出会った女の子たちから握手を求められたそうです。

Rimg0152Rimg0156 当時の力関係からでしょうか、BFCは東芝音工の上の方からビートルズの会見について「勝手なことをするな」というような感じできつく注意されていたそうです。それでも会見してしまったら「勝ち」です!結局ビートルズと会見したこの日、BFCは公認のファン・クラブとして認可されます。この写真は会見時に撮影したもので、その裏には下山さんのサインが。4人の笑顔がとてもいいですねえ!

会田さんはジョージのことがとても印象に残っておられるご様子で、私が「自分はジョージが一番好きなんです!」と言うと、にっこり微笑まれました。もっと時間があれば、4人の英語に関してお伺いしたかったです。どんなしゃべりかたで、どんな発音だったかなど。その質問は、またいつか会田さんにお会いするときのためにとっておこうと、自分に言い聞かせました。

|

« ビートルズ来日時のBFC会報、そして... | トップページ | 坂本九の「スキヤキ」 »