« 「ヤア!ヤア!ヤア!」の名付け親 | トップページ | ビートルズ・ファンになる前 »

2008年6月19日 (木)

アフリカ盤シングルの魅力

Rimg0163 今日はアフリカ盤シングルの話題を。あまり日本では注目されないビートルズのアフリカ各国盤シングルですが、コアなコレクターにとってはいろいろなヴァリエーションを楽しめるレコードです。左はナイジェリアの“LOVE ME DO”と“PLEASE PLEASE ME”。レーベルは一見UK盤のようですが、微妙に違っています。ナイジェリア盤はレーベル番号の末尾にNIの文字がついています。

 

Rimg0164 これは南アフリカ盤の“I SAW HER STANDING THERE”です。この曲がシングルで出ていることもおもしろいのですが、それ以上にレーベルのタイトルが“JUST SEVENTEEN”となっているのが興味深いです。

 

Rimg0165 左の写真は南アフリカ盤の通称「三角プッシュアウト」レーベルのシングル。左から“PLEASE PLEASE ME”、“TWIST AND SHOUT”、“ROCK AND ROLL MUSIC”です。この三角プッシュアウトはどういう経緯でできたのかわからないのですが、同じ国の同じ曲のシングルで通常のプッシュアウトもあることから、工場が複数あったために、プッシュアウトの形状が異なったのではないかと推測します。

 

Rimg0166この三角プッシュアウトを集め始めた頃は、初期から中期までに存在するものだと思っていたのですが、この“LADY MADONNA”の三角プッシュアウトを見つけてから、そうではないことに気づかされました。写真は南アフリカ盤の“LADY MADONNA”。

 

Rimg0167ビートルズ末期の“SOMETHING/COME TOGETHER”にも三角プッシュアウトが存在します。こうなると、殆どのシングルでこの形状が存在するのではないかと思ってしまいます。写真は南アフリカ盤の“SOMETHING”です。

 

Rimg0168 最後に紹介するのはピクチャー・スリーブ付きの南アフリカ盤“LET IT BE”。南アフリカ盤にはピクチャー・スリーブがついたシングルは“ALL YOU NEED IS LOVE”、“HELLO GOODBYE”、“HEY JUDE”とこの“LET IT BE”の4種類が確認されています。(「ピクチャー」ではないので入れませんでしたが、上記の“LADY MADONNA”を入れれば5種類)

 

Rimg0170 これ以外に、先日も紹介しましたこの“HEY JUDE”のケニヤ盤が3プロング(3本スポーク)のプッシュアウトでかなり珍しいと思います。個人的には、三角プッシュアウトがレトロな感じがしてとても好きです。三角プッシュアウトはまだそれほど高値ではないので、コレクションしてみてはいかがでしょうか?

|

« 「ヤア!ヤア!ヤア!」の名付け親 | トップページ | ビートルズ・ファンになる前 »