« CARPENTERS | トップページ | ビートルズ来日時のBFC会報、そして... »

2008年5月25日 (日)

RED ROSE SPEEDWAY

35年前の1973年5月にはウィングスの2枚目のアルバム“RED ROSE SPEEDWAY”がリリースされました。ウィングスとしてのファースト・アルバム“WILD LIFE”から1年6ヶ月かかってのリリースでしたので、「やっと出る!」という期待感でわくわくしたのを覚えています。当時湯川れい子さんの「アメリカン・トップ40」というラジオ番組でいち早くこのアルバムを紹介していました。

Rimg2877 左の写真はUKオリジナル盤。何故2枚あるかというと...。

        

       

Rimg2884 分かりにくいかもしれませんが、ジャケットが2種類あって、右側がビニール・コーティングのツルツルしたもので、左がコーティングなしのもの。

           

     

Rimg2909 コーティングなしのジャケットの裏には、スティーヴィー・ワンダーに向けて綴られた点字が打たれています。(UK盤では左上の方に)ビニール・コーティングされたジャケットにはこれがありません。

          

     

Rimg2904US盤ジャケットは表面がザラザラした紙のジャケットで、右上にステッカーが貼り付けられています。

       

        

Rimg2914_2 点字はジャケット裏の下部に打たれています。UK盤よりもかなり大き目。

         

        

Rimg2908 日本盤は綺麗な帯付き。実は日本盤を買って聴いた時、私の安いプレーヤーではひどい針飛びを起こし、“MY LOVE”なんてひどいものでした。そこで、上記のUS盤を買ったのですが、まったく針飛びは起きませんでした。

        

リリース当時、私は高校2年生で、このアルバムは待ち焦がれていました。ウィングスのグループとしての方向性が示された重要なアルバムです。因みにジョンはこのアルバムを「傑作」と評しています。

このアルバムの中でお気に入りの曲は、何といっても“LITTLE LAMB DRAGONFLY”です。長い曲ですが、傑作だと思います。

    

|

« CARPENTERS | トップページ | ビートルズ来日時のBFC会報、そして... »