« 奇跡の歌声~伊豆田洋之、ポール・マッカートニーを歌う | トップページ | 雑誌「Gauguin」とリリー・フランキーの本 »

2008年4月30日 (水)

HEY JUDE レーベル・ヴァリエーション

久々にマニアックな話題を。今年はWHITE ALBUM40周年とともに、ビートルズの名曲にして大ヒット曲“HEY JUDE”が発表されてから40周年でもあります。この曲は長い間ヒットチャートの1位に輝き、ビートルズのシングルの中でも最も売れたもののひとつです。そのため、EMIは恐らくプレスが追いつかず、他のレーベルの工場にも受注したために、ビートルズのシングルのレーベル・ヴァリエーションとしてはもっとも多いものになりました。私が確認しただけでも10種類のレーベル・ヴァリエーションがあります。(もちろん全てダーク・アップル・レーベル)

Rimg2799Rimg2801

左はEMIプッシュアウト、右はEMIソリッド・センター。

     

                                                          

Rimg2804 PHILIPSの3プロング(スポーク)・レーベル。かつてはこのレーベルがレアだということで、オークションなどでも高値がついていましたが、現在では頻繁に出品されています。

  

Rimg2810Rimg2812 左はDECCAのプッシュアウト ・レーベルです。プッシュアウト部分内側に円形の筋があります。

   

Rimg2815_2Rimg2822 これはDECCA(或いはPYE)と思われるのソリッド・センター。このソリッド・センターは結構入手困難だと思われます。オークションに出品される数が非常に少ないからです。私はPHILIPSよりはるかに数が少ないと思っています。このレーベルがPYEだという説もありますが、どうでしょう。プッシュ・アウトの溝をくりぬけば、ひとつ上のDECCAレーベルになると思うのですが。ただし、この形状で他のアーティストのPYEレーベルがあることも確かなので、なんとも言えません。

      

Rimg2834Rimg2837 次に、ORIOLEレーベルと呼ばれているもののプッシュアウト。ORIOLEレーベルは“SHE LOVES YOU”、“I WANT TO HOLD YOUR HAND”、“CAN'T BUY ME LOVE”、“I FEEL FINE”などのプッシュ・アウトの溝の幅が広い厚手のレコードをプレスした所で、レーベルがザラザラ(デコボコ)しているものです。これらはPYEレーベルと呼ばれていましたが、PYEは実際には初期のビートルズのシングルをプレスしていなかったようなのです。当時のPYEはレコードが薄かったそうです。ORIOLEレーベルは1965年にCBSに買収されています。ということは、これはCBS傘下のORIOLEのプッシュ・アウトということになるのではないでしょうか?このことが鍵になって、何となく次のレーベルと似ている理由がわかってきました。因みに、このHEY JUDEのレーベルは表面がザラザラしており、エッジ近くのレーベル周囲に円形の筋が入っています。

Rimg2842Rimg2844これはCBSと思われるソリッド・センター。上のプッシュ・アウトのレーベル同様、CBSの特徴であるエッジ付近のレーベル周囲に円形の筋が入っています。やはり表面はザラザラ(デコボコ)しています。つまり、レーベルの円形の筋がCBSの特徴で、ザラザラ(デコボコ)のレーベルはCBSに買収されたORIOLEレーベルの名残なのではないでしょうか?結論としては、上のプッシュ・アウトもこのソリッド・センターもCBSなのではないかということです。

      

Rimg2845Rimg2849次に、 “SOLD IN U.K.~”の表示がないEMIダーク・アップル・レーベルのプッシュ・アウトとソリッド・センター。

                                             

そして、もうひとつあるのですが、私は売ってしまって写真がありません。このブログにもよく来てくださるshadow_pmcさんのブログ「ビートルズ徒然草」にその写真がありますので、以下のURLでご覧下さい。(レーベル名はshadow_pmcさん同様、私も確認していません)

http://blogs.yahoo.co.jp/shadow_pmc/38416765.html

そして最後に番外編。

Rimg2855Rimg2856_2  ピクチャー・スリーブ付きのEXPORT盤です。

                                                  

                                                 

Rimg2851Rimg2852 極めつけはこれ。何と3プロング(スポーク)のパーロフォン・レーベルのケニヤ盤。果たしてこれはPHILIPSレーベルと呼んでいいものかどうか...。

     

レーベル・コレクションを始めてしまうと、HEY JUDEで大変なことになるというお話でした。(笑)

※新たに入った情報をもとに、5月1日に内容を変更いたしました。

|

« 奇跡の歌声~伊豆田洋之、ポール・マッカートニーを歌う | トップページ | 雑誌「Gauguin」とリリー・フランキーの本 »