« 80年のポール逮捕、ウィングス公演中止から28年 | トップページ | ビートルズのSP盤 »

2008年1月19日 (土)

ジョージ最期のライブ・パフォーマンス

Rimg2570  「ジョージ最期のライブ・パフォーマンスは?」と訊かれて、「1992年のロンドンでの労働党支援コンサート」と答える人が結構多いかもしれません。(Wikipediaにもそう書かれています)実際にはそれよりもあとに「ボブ・ディラン現役30周年記念コンサート」に出演して“If Not For You”と“Absolutely Sweet Marie”を演っています。

Rimg2579 実は私はかなり前から、このレコードと映像を手に入れようとしていたのですが、延び延びになっていて、最近ようやく手に入れました。アナログの方はしっかりプレミアがついていました。LDは40ドルくらいで買えました。今DVDでも出ていないので、LDを購入したのですが、思ったより画像が良くないのですね。それでも内容が素晴らしいので我慢しました。

Rimg2572  このコンサートは1992年10月に行われていますので、「労働党支援コンサート」よりも半年くらい後になり、ジョージ最期のステージとなったわけです。その意味でも、アナログ、映像の両方を手に入れるべく、全力をあげました。(笑)

Rimg2577_2Rimg2576_2 このコンサートも凄いアーティストが出演しています。John Mellencamp, Stevie Wonder, Lou Reed, Tracy Chapman, Johnny Cash, Willie Nelson, Kris Kristofferson, Johnny Winter, Ron Wood, Neil Young, Chrissie Hynde, The O'Jays, The Band, Tom Petty, Roger McGuinn, そしてEric Claptonと George Harrison。さすがにボブ・ディランのお祝いコンサートとなるとこれだけのスーパースター達が集まるのですね。パフォーマンスはNeil YoungとEric Claptonの演奏が際立っていたと思います。ジョージは前述の2曲を歌っていますが、アナログとLDに収録されているのは“Absolutely Sweet Marie”のみ。それでも“If Not For You”の映像は存在していて、YouTubeで見ることができます。以下のURLで。

  http://www.youtube.com/watch?v=9374d_HBiSc&feature=related

|

« 80年のポール逮捕、ウィングス公演中止から28年 | トップページ | ビートルズのSP盤 »