« THE BACK SEAT OF MY CAR | トップページ | Tom & Jerry (Simon & Garfunkel) »

2008年1月30日 (水)

リンゴ・スターのインタビュー(小林克也のオールナイト・ニッポン)

Rimg2608 この間の日曜日、今は空き家となった「実家」に行き、掃除をしていたら、左の写真のカセット・テープが出てきました。1973年12月の「小林克也のオールナイト・ニッポン リンゴ・スター国際電話インタビュー」です。つまり35年前のラジオ放送のテープ。音はあまりよくなかったのですが、本当に懐しかったですね。「みなさん、どうですかこの声!」とリンゴを紹介する小林克也さんの声が若い!リンゴも結構親切にインタビューに答えていて、クリスマス・メッセージのあと、その年の大ヒット曲“Photograph”を紹介します。そしてアルバム“RINGO”のこと、ジョージのニューアルバム(DARK HORSE)に参加中であること、ビートルズの再結成のこと(「今出ているのは単なる噂にすぎないが、一緒にやる可能性はある」と述べている)などを答えていました。

この頃、小林克也さんに憧れていて、彼の最後のオールナイト・ニッポンを聞いていたら、何とリンゴにインタビュー!!びっくりしましたね。(番組内で「最後の放送で、小林克也からの心からのクリスマス・プレゼントです」と言っていました。かっこいいなあ!)例によって流暢な英語で、リンゴを相手に堂々とインタビューしていた小林克也さん。ますます彼みたいなDJになりたいと思った高校2年生の冬でした。「堂々と」と書きましたが、帰国子女や長年海外に住んでいた日本人を除いて、これほど堂々と流暢に英語を話せる人はそれほど多くはないのではないかと思います。

それで思い出したのですが、93年頃でしたでしょうか、夜中にTVを見ていると、ポールが出てきて、ある日本人のインタビューを受けているのです。その日本人の英語は、何か前もって暗記したような感じで、英語の音になっていない。話し方がたどたどしく、挙句の果てにはポールにおちょくられる始末。(おちょくられた本人は気づいてないかもしれませんが)いやあ、ひどいもんでした。通訳でも雇えばいいのにと思ったほどです。小林克也さんを10としたら、その人は0.5くらいですかね。

今日、当時ほとんど聞き取れなかったこのインタビューを今聞いてみて、すべて聞き取れたのは、35年という歳月が流れたからなのだと、しみじみ感じました。

|

« THE BACK SEAT OF MY CAR | トップページ | Tom & Jerry (Simon & Garfunkel) »