« BOOTLEG(海賊盤)の思い出② | トップページ | WHITE ALBUM 40周年の年の始まり »

2007年12月31日 (月)

SGT.PEPPER'S 40周年の年が終る

SGT. PEPPER'S 40周年の年が終ります。1月から騒いできた割には、SGTの記事が少なかったかもしれません。そこで、今年最後はSGTの海賊盤などの話題を。

Rimg2163 このブログにもよく来てくださるshadow_pmcさんも、ブログ「ビートルズ徒然草」で紹介されていましたが、SGTのMULTI-TRACKSのブートは驚きでしたねえ。今年の9月からネット上でも流れていたそうですが、音源としては初めてお目見えのものが満載。個人的には“She's Leaving Home”のカラオケ的なバージョンとアカペラ的なバージョンがお気に入りです。赤いスリーブの方が初めに出たのですが、量的にかなり多い(CD2枚)ので少々疲れます。黒いスリーブの方のブートはCD1枚に曲ごとに分けてあり、製作の流れがわかりやすくおもしろい内容になっています。この中のFull Multi Tracks Stereo Mixは今までのものとは全く別のバージョンですね。(一部でフェイクという説もあるようですが)日本ではあまり盛り上がらなかったSGT 40周年の年の最後に、この強烈な海賊盤を紹介させていただきました。

Rimg2166  もうひとつの話題。久しぶりにアナログ・ブートを買いました。アナログのブートの新譜を買うなんて何年ぶりだろう。ちょっと見にはかつて出ていた“Sessions”と同じように見えますが、これは2枚組でその中に初出の“Revolution 1”Take 18、edit versionが収録されています。その他、もう既出かもしれませんが、1994年の“Anthology”での“Free As A Bird”と“Real Love”の別バージョン(ジョン・レノン・バージョンではない)など、いい音で色々楽しめます。“Sessions”の曲が今までとダブるのは気になりますが、音も良く、ビートルズのアウト・テイク集として、なかなかよいLPだと思います。4800円でした。

Rimg2170Rimg2171_3 最後に、最近知り合いの方から頂いたブートを紹介します。“Get Back To Toronto”ですが、初めてお目にかかったカバーです。 松本常男さんの「海賊盤事典」にも出ていませんので、想像するしかないのですが、ファースト・プレスがスタンプを押したカバーでステレオということですので、これはそのセカンド・プレスではないかと思います。音は良好なステレオです。これを下さった方は、70年代にアメリカでこのブートを購入されたそうです。

さて、今年の最後は海賊盤で締めくくってみましたが、40周年にふさわしいSGTのブートが出てくれたのは良かった(?)のではないかと思います。

来年は「White Album 40周年」の年。Hey Jude 40周年でもあります。ビートルズの崩壊が始まった年、1968年の話題を取り上げながら、また好き勝手に記事を書いていきます。

皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい!

|

« BOOTLEG(海賊盤)の思い出② | トップページ | WHITE ALBUM 40周年の年の始まり »