« BOOTLEG(海賊盤)の思い出① | トップページ | SGT.PEPPER'S 40周年の年が終る »

2007年12月30日 (日)

BOOTLEG(海賊盤)の思い出②

Rimg2155 昨日紹介し忘れたブートがこれ。“Back in 1964 at the Hollywood Bowl”です。カラーのスリックを貼ったジャケットは、ブートの初期では珍しかったのです。このレコードが出る前に発売されていた“Shea The Good Old Days”と音源が一緒だということがすぐわかり、新宿レコードのおばさんにその旨を伝えても、信じてくれませんでした。ただしこちらの方がMCが長いです。

Rimg2157 ブートのジャケットのカラー化はどんどん進み、音質的にもいいものが増えてきました。このヒューストンのライブのブートもそのひとつです。このブートが出た頃には、もうカウンターフィートを見破れるようにもなり、ダブった内容のブートを買うこともなく、音のいい物を中心に買うようになりました。

Rimg2159このポールのLAフォーラムでのライブ盤は、3枚組みのボックス仕様で豪華な感じ(?)でした。色違いのレコードで、音もまずまずでした。このレコードが原因で、正規の3枚組みライブ盤が出ることになったと記憶しています。

まだまだ紹介しきれませんが、この数年で手放してしまったブートがたくさんあります。乱発されるようになってからのブートには、あまり愛着がなかったのです。初期ブートの時代が懐かしいです。ブートはやはり、密かに集めて楽しむものだと思います。

|

« BOOTLEG(海賊盤)の思い出① | トップページ | SGT.PEPPER'S 40周年の年が終る »