« Carole King “Tapestry” | トップページ | Double Fantasy »

2007年11月16日 (金)

Heart Playのカナダ盤

Rimg2034 Rimg2032もうすぐ12月8日、ジョンの命日がやって来ますね。この日は静かに過ごすことが多いです。27年前(正確に言うと12月10日) も静かに過ごしました。(Double Fantasyを聴きながら泣いてましたが)ジョンの「遺言」と言われているプレイボーイのインタビューが収録されているこのHeart Play。「あれっ?」と思ったらあなたはかなりのコレクターです。(笑)普通は赤いポリドールのレーベルですが、カナダ盤のLPは何とこんなピクチャーレーベルになっているのです。気が付いている人は少ないと思いますので、海外のオークションでは安く買えるでしょう。

向き合って会話をしながら微笑んでいるジョンとヨーコの横顔がとてもいいですね。

このインタビューの中の、"You make your own dream. That's the Beatles story, isn't it? That's Yoko's story. That's what I'm saying now. Produce your own dream. If you want to save Peru, go save Peru. It's quite possible to do anything.......I can't wake you up.  YOU can wake you up. I can't cure you. YOU can cure you."という部分は、ジョンが死んだ悲しみを吹き飛ばしてくれました。夢のない法律出版社で退屈な生活を送っていた私に、新たな道を選ぶ勇気をくれたジョンの言葉でした。

|

« Carole King “Tapestry” | トップページ | Double Fantasy »