« Memory Almost Full のアナログ盤 その2 | トップページ | Memory Almost Full のアナログ盤 その3 »

2007年7月28日 (土)

ジョニ・ミッチェル

私が好きな女性歌手をあげるとすると、まず一番に来るのがジョニ・ミッチェル。カナダ出身の、素晴らしい詩を書くので有名なシンガー・ソングライターですが、映画「いちご白書」の主題曲として使われた“The Circle Game”(映画ではバッフィ・セントメリーが歌っている)や“Both Sides Now”(邦題「青春の光と影」、ジュディ・コリンズの歌が映画で使われた)などが代表曲です。このポピュラーな2曲も、その詩の内容は示唆に富み、どちらかというと哲学的な内容の詩です。そのジョニ・ミッチェルが何とポールに続いて、Hear Musicと契約した模様。スターバックスさん、いいアーティストと契約しますねえ!

“The Circle Game”のビデオで日本語訳がついているものをみつけました。歌はバッフィー・セントメリー。

http://jp.youtube.com/watch?v=QaA5ukWipkI

もうひとつは“Both Sides Now”。ジュディ・コリンズのライブで。

http://www.youtube.com/watch?v=tqY_JeyUWcw&mode=related&search=

|

« Memory Almost Full のアナログ盤 その2 | トップページ | Memory Almost Full のアナログ盤 その3 »