« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月28日 (土)

ジョニ・ミッチェル

私が好きな女性歌手をあげるとすると、まず一番に来るのがジョニ・ミッチェル。カナダ出身の、素晴らしい詩を書くので有名なシンガー・ソングライターですが、映画「いちご白書」の主題曲として使われた“The Circle Game”(映画ではバッフィ・セントメリーが歌っている)や“Both Sides Now”(邦題「青春の光と影」、ジュディ・コリンズの歌が映画で使われた)などが代表曲です。このポピュラーな2曲も、その詩の内容は示唆に富み、どちらかというと哲学的な内容の詩です。そのジョニ・ミッチェルが何とポールに続いて、Hear Musicと契約した模様。スターバックスさん、いいアーティストと契約しますねえ!

“The Circle Game”のビデオで日本語訳がついているものをみつけました。歌はバッフィー・セントメリー。

http://jp.youtube.com/watch?v=QaA5ukWipkI

もうひとつは“Both Sides Now”。ジュディ・コリンズのライブで。

http://www.youtube.com/watch?v=tqY_JeyUWcw&mode=related&search=

|

2007年7月26日 (木)

Memory Almost Full のアナログ盤 その2

いろいろな人から「Memory Almost Fullのアナログ盤ありませんか?」と訊ねられています。数枚UKから購入していたのですが、それも知り合いに売約済みとなってしまいました。何故こんなに日本に入って来ないのかと考えたのですが、①価格設定が高い(UKでも10ポンドを切る店はない。(だいたい12~18ポンドで推移しています)、②限定1万枚(今回のアルバムはイギリスやアメリカでも人気があって、日本まで回ってきていないのでは)、③円安(対ドル、ユーロ、ポンド、すべてに円安であることで、日本のディーラーが入荷を控えた)の3点です。でも、ググるとたまに10ポンドくらいのネットショップも見つかります。ネットで買う時は、店をよく調べてからの方がいいと思いますが、私が今までレコードを買った店は殆ど大丈夫でした。梱包もしっかりしていて、破損などありませんでした。オークションではいい加減で危ない売り手がいますが。

UKから個人でMAFのアナログ盤を購入すると、送料を入れて現在20ポンドくらいではないでしょうか。4800~4900円といったところです。それより安く買えたら大ラッキーということになります。日本の良心的な店では4500~4800円くらいだったと思いますが、ほぼ売り切れ状態のようです。(ごく一部3000円台で買える店もありましたが、今はもう無理でしょう) この価格帯(4800~4900円)を購入の際の参考にしてみてください。ただ暫くの間、高値が続くのではないかと思います。5000円くらいでしたら、購入しておいていいと思います。

きょうは「アナログ・コレクターズ・コンサルタント」でした。(笑)

|

2007年7月19日 (木)

大好きなアルバム“RAM”

中学3年生の時の今頃は、たしか“RAM”を聴いていたはずです。リアルタイムで初めて買ったシングルがリンゴの「明日への願い」ならば、LPはこの“RAM”なのです。ですから、思い出も多く、学校から家に帰るといつも聴いてました。“Dear Boy”,“Uncle Albert/Admiral Halsey”と“Back Seat of My Car”がお気に入りでした。うー、懐かしい!

コアなコレクターはご存知と思いますが、この“RAM”にはモノラル盤が存在します。アメリカ盤のDJ向けプロモLPなのですが、恐らくラジオのAM局用に製作されたのだと思われます。昔、ビートルズ研究所の本多さんに見せていただいたことがあります。

Ram_acetate_3 Ram_acetate_1 Ram_acetate_2 ちょっと前にオークションを眺めていたら(最近は入札せずに眺めているのです)、なんと“RAM”のモノラルのアセテート盤が出品されていました。凄い値段で競り落とされていましたが。一度でいいから聴いてみたいですね。

|

2007年7月16日 (月)

レアな“Love Me Do”

Lmd_nigeriaLmd_nigeria2  海外のオークションを見ていたら、とてもレアなシングル・レコードを見つけました。“Love Me Do”の1960年代のナイジェリア盤です。ナイジェリア盤というだけでもレアなのですが、なんとこのシングルの“Love Me Do”のドラムはリンゴではなく、アンディ・ホワイトのようです。“Love Me Lmd_nigeria3Do”のオリジナ ル・シングルはリンゴが叩いているはずなのですが。そのため、マトリックス・ナンバーが“-1”ではなく“-2”となっています。リイシューならばわかるのですが、オリジナル・シングルでリンゴ・バージョンでないのは大変珍しいと思います。

もうひとつ書き忘れていました。レーベルの表記が“McArtney”になってますね。もちろん正しくは“McCartney”です。

|

2007年7月15日 (日)

Memory Almost Full のアナログ盤

Rimg1679 Rimg1692 今日、MAFのアナログ盤が届きました。UKのショップに注文して5日位で届いたのですが、日本のHMVで予約して待っていた時間が無駄でした。

Rimg1682Rimg1694 今回のアナログのスリーブは変わっていて、スリーブがポスターのようになっているのですね。いつもの厚手の紙のスリーブではないから、皺になりやすい欠点はありますが、変わった作りで素敵だと思いました。レコードはコーティングされた紙のインナースリーブに収められています。今回のLPは厚手のビニールが付いています。

|

House of Wax

今日、とうとうMAFの日本盤も買ってしまいました。そうしたら、驚いたことが一つありました。

以前このブログで「House of WaxはWild LifeのDear Friendに似ている」と書きましたが、何と日本盤の解説にも同じことが書かれているではないですか!ビートルズ・クラブの方が書かれたものですが、何か「同志」がいたみたいで嬉しくなりました。(単純!)

MAFの中の曲はどれも素晴らしく、人それぞれに好みがありますので、あくまでも独断ということで「名曲」と評価させていただきました。どうか「同感」の方、コメントお願い致します。

ところでHMVにはいささか腹が立ちました。MAFのLPの予約を突然「キャンセルさせていただきます」とそっけなくメールが届きました。相当早く予約を入れたから大丈夫だと思っていたのに。しかもその言い訳が「廃盤/発売中止」ですよ。嘘こくなって言いたくなりました。仕入れられないなら初めから予約注文なんか受け付けるなって。結局海外のネットショップで安く売っているところがあったので、そこで買いましたが。

|

2007年7月 8日 (日)

ある出会い

今日は仕事でJAPAN TIMESの記者の人と会うことになっていました。JAPAN TIMESだから結構固い感じの人かなと思っていたら、会ったとたんにまるで仲のいい友達みたいになってしまいました。

名刺を交換したら、JAPAN TIMESではなく、何とあの“Billboard”の文字が入っているではありませんか。実はJAPAN TIMESの仕事はお手伝いのような感じで、本業はBillboard誌のAsia Bureau Chiefという肩書きのようです。カナダ出身のこの方のお名前はSteve McClureさん。昨日幕張メッセでLIVE EARTHの取材をしてきたばかりとのことでした。

今日の仕事が一息ついたところで、私との会話は当然ビートルズのこととなっていき、Steveさん曰く、「ビートルズのことを話し始めたら永遠に続くよ」。

かつてあの悪名高きFred Seamanに取材したこともあり、その他、ダコタ・ハウスでメイドをしていた千葉県在住の女性を探し、やっとの思いで見つけてインタビューもしたらしいです。(そのテープが残っているとのこと)そんな話や、Sgt. Pepper'sのモノ・レコードの話など、本当に「永遠」に続くかのように話題が途切れませんでした。

いつかプライベートでお会いして、もっとビートルズ談義に花を咲かせたいと思ってます。この仕事を始めなければ、このような方にお会いすることはできなかったでしょうね。因みに、Steveさんの日本人の奥様は、私の前の職業と同じ私立学校の英語の先生だそうです。何か、またまた運命を感じた日でした。

|

2007年7月 7日 (土)

リンゴの誕生日、そして36年前のヒット曲

Rimg1654 昨日、今日と、立て続けにお祝いです。今日はリンゴの67回目の誕生日。36年前の今頃、この写真のシングル・レコードを買いました。当時、小遣いもあまりもらっていなかったから、新しいレコードが発売されてもすぐには買えなかったのですが、この「明日への願い(It Don't Come Easy)」は初めて発売日に買ったビートルズ関係のシングル・レコードです。

当時、ジョン、ポール、ジョージの3人がヒットを飛ばしていて、「リンゴはまだかなあ」と思っていたところへリリースされたのがこのレコードでした。うれしかったですね。

Rimg1660Rimg1662 左の写真は、1971年夏の東芝音工総合試聴盤(見本盤)のレーベルです。おもしろいことに、Side 1にジョンの“人々に勇気を”、Side 2にポールの“アナザーデイ”、Side 3にジョージの“美しき人生”、そしてSide 4にリンゴの“明日への願い”が収録されています。

Rimg1667

Rimg1669

4人の曲がほぼ同時期にヒットしていた、大変珍しい年だったのですね。

 

 

Rimg1677  この1971年の夏には、日本では「小さな恋のメロディ」という映画が上映され始めていて、そのテーマ曲であるビージーズの“メロディ・フェア”が大ヒットしました。他にもいい曲がたくさん発表され、オーシャンの“サインはピース”、エルトン・ジョンの“フレンズ”、ジョーン・シェパードの“サマー・クリエイション”、ハミルトン・ジョー・フランク・アンド・レイノルズの“恋にかけひき”、ロボの“僕と君のブー”等々がヒット曲でした。高校受験を控えた14歳の私にとって、これでもかという感じで次々にいい曲が出てきましたので、ラジオの音楽番組や深夜放送に釘付けになって勉強どころではなくなり、結局、第一志望の高校に進学できませんでした。(笑)

|

2007年7月 6日 (金)

祝 レノン=マッカートニー50周年

Woolton 50年前の今日7月6日は、ジョンとポールがリバプールのSt. Peter's Churchで初めて出会った日。SGT. PEPPER’S 40周年の日とともに、今年2つ目の大切な“祝日”です。

Saturday_6th_july_1957_1 ここで、あらためて凄いなと思うことは、16歳のジョンと15歳のポールが出会ってたった10年で、ロックの最高アルバムを作ってしまったという事実。世の中に「天才」と呼ばれる人はそう多くはないけれど、彼らは間違いなく音楽の天才だったということでしょう。(今さら言うまでもないことですが)

 

Monumentあと50年したら、レノン=マッカートニーは、ベートーベン、バッハ、ブラームスと同格、或いはそれ以上の評価を受けているかもしれません。なぜなら、今、世界中のどこにいても必ず耳にするのは、クラシックではなく、ビートルズの曲だからです。この地球上でビートルズの曲が流れない日は絶対にないと断言できます。

そんな天才たちと同時代に生きていられたことが、とても幸せに感じられます。深く感謝しながら、この日は静かに彼らの曲を聴いて過ごしたいと思います。

50周年の今日は、この曲を選んでみました。

http://www.youtube.com/watch?v=TyhlP9yBAic

やっぱり「静か」には過ごせませんかね?(笑)

|

2007年7月 4日 (水)

マッカートニー・ローズⅡ

Rimg1625Rimg1642 去年はビートルズ来日記念日前に咲いたマッカートニー・ローズが、今年は大分遅れて今日咲きました。

                                                                              

Rimg1619 茎の先っぽには何と4つも蕾が!!こんなこと初めてです。今まではせいぜい2つだったのですが。私の家族は以前4人でしたので、何か意味ありげだなあと思っています。もうすぐこの家からも 離れるので。(生まれてから、途中目黒に引っ越した時を除いて、ずっと住んでいた家です)

去年も夜に撮影しましたが、今日はあいにくの雨で、あまりうまく写せませんでした。花も大分開いてしまったようです。でも咲いてくれただけでうれしいのです。4つの蕾にありがとう!!

|

2007年7月 1日 (日)

BBCでジョンの現存する最古の歌声が

July_6_1957_2 ジョンとポールが出会ってから50年になるのを記念して、イギリスBBCのRadio 2が1957年7月6日を再現する番組を放送しました。番組初めの方で部分的にですが、当日クォーリーメン率いるジョンが歌う“Puttin’On the Style”と“Baby, Let's Play House”を聴くことができます。(Puttin’On the Style”は海賊盤とは少し違うように聞こえるのですが)ポールが当時を振り返るインタビューもあります。以下のURLでお聞きください。

http://www.bbc.co.uk/radio2/events/60sseason/documentaries/dayjohnmetpaul.shtml

 

Pots コアなファンの方はご存知だと思いますが、上にも書きましたとおり、この日ジョンが歌っているクォーリーメンの演奏の音源が残っていて、かなり音が悪いのですが、この番組と海賊盤で聴くことができます。リール・テープで録音したようですが、よく残っていたものです。

Pots_1

うっ、早い!もうYOU TUBEでアップされてます。

http://youtube.com/watch?v=ourclBYzuS0

こちらは海賊盤からのPuttin' On the Style。上のBBC放送分と聞き比べてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=Z4345SnaD7s&mode=related&search=

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »