« Memory Almost Full ビデオ配信開始!! | トップページ | ポール新曲Ever Present Past のプロモCD »

2007年5月26日 (土)

竹内まりや「人生の扉」

Denim 竹内まりやのニューアルバム「DENIM」の中にある1曲、「人生の扉」は本当に素晴らしい曲です。年齢を重ねていくと体力が落ちて行ったりして不安になるものですが、この曲を聴くと希望が湧いて来ます。竹内まりやは1955年生まれですから、私とは2つ違い。ほぼ同世代といっていいでしょう。だから余計に共感できるところもあるのかも。以前このブログで書いたジョンの“GROW OLD WITH ME”に相通ずるものがあるなあ。それからこの「人生の扉」の良さは「心に響く英語」を使っていること。日本人が書く英語の詩は滅茶苦茶な通じないものが多いのですが(有名なミュージシャンでも多い)、この曲の英語の詩は通じることはもちろん、ジーンと心にまで響くものだと思います。そういえば竹内まりやはアメリカに留学もしていましたね。

竹内まりやの歌に初めはあまり注目してなかったのですが、薬師丸ひろ子が歌った「元気を出して」を聴いた時に、「なんてやさしい詩を書く人なんだろう」と思いましたね。この曲は“HEY JUDE”に通ずるところがあるかな。そう言えば竹内まりやもビートルズ・ファンで、たしか“TILL THERE WAS YOU”が好きだと言っていました。

「人生の扉」のビデオはこちらです。

http://jp.youtube.com/watch?v=uUO6yyoUyPs&feature=related

このビデオを見たら涙が出てきてしまいましたよ。本当に素晴らしい!!

この曲の間奏部でマンドリンが使われているのだけど、偶然にもポールの新曲でもマンドリンがフィーチャーされています。今年はちょっとしたマンドリンブームになるのかも。

|

« Memory Almost Full ビデオ配信開始!! | トップページ | ポール新曲Ever Present Past のプロモCD »