« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月29日 (日)

福知山線事故現場で考えたこと

昨日と今日、取材で2年前の4月25日に起きたJR福知山線の事故現場へ行ってきました。この事故では107名もの尊い命が失われています。まだ比較的新しいマンションの片側(立体駐車場となっていた部分)に崩れた跡があり、今でも生々しさが残っていました。そして今は誰も住んでいないこのマンションのすぐそばに献花台が設けられているのですが、そこは静まり返っていて「悲しみ」に満ちていました。一日中、JR西日本の社員とガードマンが数名、献花に来た人たちに対して礼をしているのですが、まだ原因解明もできていない状態で、JRとご遺族の方たちとの交渉は難航しているようです。

きのうまでいた人(家族、恋人、友人など)が突然いなくなってしまうという状況は、私も何回か経験しているので、少しだけわかるつもりでいたのですが、昨日と今日、事故の話をいろいろ聞いていくうちに、このような大事故で大切な人を失った人の心の中は、ただ肉親や友人を失くしたというのとはまったく違うということがよくわかりました。そして決して同じ気持ちになれることなどないと思うようになりました。計り知れない悲しみを「わかる」ということはできない。「わかる」といったら偽善になる、そう思いました。

今、考えていることは、どうして亡くなられた方々は、こんな悲惨な事故に遭ってしまったのだろうかと言うこと。「運命」ってあるのだろうか。「運命」は変えられないものなのだろうか。「命を運ぶ」という風に書くのだから、大きな災難から逃れる方向へ「運べ」ないものなのだろうか。そう考えています。1985年の日航機墜落事故の時も、同じような気持ちになったことを覚えています。自分の肉親、親戚、友人はもちろんのこと、この世の人たちみんなが大きな災害から逃れるということは不可能なのだろうか。

昔、小児ガンで大手術をするまだ小さな赤ちゃんのドキュメンタリーをTVで見たことがあります。本当に小さな体で手術に耐える赤ちゃん。そしてそれを見守る親御さんの姿を見て、とても辛く、苦しい気持ちになりました。どうして、こんな可愛い生まれて間もない赤ちゃんが、ガンに苦しみ、大手術を受けなければならないのかと。その子は結局死んでしまうのですが、どうしても「納得」がいかなかったのです。人は「平等」ではないのだということに対して。

「運命」って何だろう...。

|

2007年4月26日 (木)

三田のラーメン・その2

この間、昼に食べに行ってがっかりした「りょう華」へ、今日は夜の8時に行って来ました。その結果は...。「うまい!」「旨い!」「美味い!」この間と全然違う!!麺も適度な固さで、スープも美味かった!(飲み干しました)やはり夕方以降に行くのが正解です。

そしてもうひとつ。以前「ラーメンとビートルズに何の関係もありゃしません」なんて言ってしまいましたが、忘れてました。「りょう華」にはビートルズが流れているのでした!!!有線だと思うのですが、東京でもビートルズのオリジナル曲が常に流れている数少ないラーメン屋だと思います。今日ラーメンを食べている間にかかった曲は “Martha My Dear”  “Only A Northern Song”  “Girl”  “Here Comes the Sun”  “Wait”  “Help”  “P.S. I Love You” の7曲でした。

夜の「りょう華」のラーメンは大丈夫ということが分かってほっとしました。夏になると、上湯麺の「冷しラーメン」があるのです。「冷やし中華」ではなく、上湯麺(塩ラーメン)を冷したもので、これも結構いけます。

2週間前には、やはり三田にある「西安刀削麺」を食べに行ったのですが、まるでウドンの出来損ないみたいで、好きになれませんでした。スープも美味いとは言えなかったですね。「天空」という店にも行きましたが、自分の好みではありませんでした。

P.S. I LOVE (R)YOU(KA).

|

2007年4月25日 (水)

ロックの最新雑誌2点

Photo_11

久しぶりに「レココレ」を 買ってみました。創刊25周年とかで、5月号は『60年代ロック・アルバム・ベスト100』という特集です。何と1位は“Sgt. Pepper's”ではなくビーチ・ボーイズの“Pet Sounds”でした。このアルバムならばまあ仕方がないかと思うビートルズ・ファンは多いかも。ビートルズのアルバムはベスト100に8枚。中でも面白かったのが、日本盤“ビートルズ!”(OR7041)が入っていること。この手のランキングではUK盤やUS盤のオリジナルを扱うことが多いと思うのですが、何と日本のオデオン盤が堂々の38位でした。“Sgt. Pepper's”は7位、“Revolver”が8位、“Rubber Soul”が14位、“The Beatles(ホワイト・アルバム)”22位、“Abbey Road”27位、“Please Please Me”55位、“A Hard Day's Night”70位という結果でした。「何で~?」という人も多いかと思いますが、結局ビートルズのアルバムは票が分散してしまっているようです。

Bs

こちらはロックのオーディオ雑誌「Beat Sound」。『ロック名盤100+α 1976~1985』という特集で、「音」という観点から選んだベスト100。ビートルズ関係では80年のジョンヨーコの“Double Fantasy”のみ。1976年から1985年というと、自分は洋楽に興味を失っていた頃だから、「懐かしい」と思えるアルバムは少なかったですね。この前の号で60年代から70年代後半の名盤を選んでいるようなので、買って読んでみようと思います。この「Beat Sound」という雑誌は、創刊3号でビートルズのアルバム聴き比べをやっていて、その時にニンバスの“Sgt. Pepper's”の音が秀でていることを紹介してましたね。

|

2007年4月20日 (金)

エルトン・ジョンの“Daniel”

先ごろ行われた、エルトン・ジョンの60歳のバースデイ・コンサートで、70年代に彼が全盛だったころの曲、“Daniel”を歌っています。

Daniel is traveling tonight on a plane    ジェット機に乗って、ダニエルは今夜旅に出る

I can see the red tail lights heading for Spain スペインに飛ぶジェット機の赤いテールランプが見える

(中略)

They say Spain is pretty though I've never been  スペインは素敵な所らしい

Well Daniel says it's the best place that he's ever seen  ダニエルも最高の場所だと言う

当時の彼のパートナーだったバニー・トーピンの詩が、やさしいメロディとともに心を打ちます。詩の内容はちょっと悲しいのだけれども、本当に心癒される、やさしい曲です。70年代当時、賑やかなロックを中心に歌っていたエルトンの光り輝くスローバラードです。

この曲をブログの題材に選んだのは、ぜひこの曲をプレゼントしたい大切な人がいるからです。今日、その人の娘はスペインに芸術を学ぶために留学します。きっと大きく成長して日本に帰ってくると思います。心から応援したいので、この曲を2人にプレゼント!!

頑張れ!!!!!

|

2007年4月14日 (土)

ポール・マッカートニーのニューアルバム

遂にポールのニューアルバムが6月13日(アメリカでは6月5日)にリリースされます。スターバックスのレーベル“HEAR MUSIC”から第1号のアーティストとして、ミュージシャンとして新たなスタートを切ることになります。アルバムのタイトルは“MEMORY ALMOST FULL”(邦題:「追憶の彼方に」)でアルバムの最初の曲“DANCE TONIGHT”もシングルでリリースされます。ビートルズやウィングスっぽい曲が多数あるとのことなので非常に楽しみです。

日本でポールのアルバムが東芝EMI以外からリリースされるのは初めてのこと。ユニバーサル・ミュージック(あの元東芝EMIのビートルズ担当ディレクター石坂敬一さんが取締役の会社)からの発売になります。曲目は以下の通りです。

 1)Dance Tonight
 2)Ever Present Past
 3)See Your Sunshine
 4)Only Mama Knows
 5)You Tell Me
 6)Mr. Bellamy
 7)Gratitude
 8)Vintage Clothes
 9)That Was Me
10)Feet In The Clouds
11)House Of Wax
12)End Of The End
13)Nod Your Head

尚、13曲目は日本のみのボーナストラックになるかもしれないとのこと。

|

2007年4月13日 (金)

三田のラーメン

Ryoka_set 今日は「ラーメン」の話を。三田は学生の街、ビジネス街でもあることから、美味しい店が結構あります。私の一押しはこの「りょう華」という店の「上湯麺(シャンタンメン)」と「水餃子」。「上湯麺」は地鶏まるごとと金華ハム、干海老、干貝柱をダシにしていて、さっぱりしていてほんとに美味しい。ただしこってり系のラーメンがお好きの方にはお奨めできません。水餃子はニンニクを使っておらず、北海道の良質の小麦粉を使った皮がもちもちしている厚手のもので、それなりに味がついているのでお酢だけをつけて食べるのが通。半上湯麺と餃子(焼き餃子もある)2品のセットで750円。すぐお腹が空いてしまう人には、なんと50円でご飯が食べ放題。

Ryoka_shantanmen

今の仕事に就く前から、このラーメン屋さんは知っていたのですが、いつも夕方に来ていたので、昼時に 来るのは初めて。そこで、愕然としたのです!今日の「上湯麺」はいつもと違い茹で過ぎていて、のびる一歩手前のラーメンみたいで、正直がっかりしました。また、いつもより油が多かったような気もしました。みなさんには、夕方行かれることをお奨めします。昼時はダメだ!そういえば、今日はいつもと作っている人が違っていたような...。

Ryoka_gyoza 餃子はOKでした。

女性なら、このセットでもお腹がいっぱいになるのではないでしょうか。男性には量が少ないかも。その分ご飯で補うといいでしょう。

前の職場のT先生やO先生も気にしているこのラーメン。ぜひ一度召し上がってください。

ビートルズとラーメンの何が関係あるのかって?何もありゃしません。悪しからず。

|

2007年4月12日 (木)

ハナミズキ

今日、三田の町を歩いていたら、街路樹のアメリカ・ハナミズキの花が咲き始めているのに気がつきました。以前このブログでも書きましたが、「ハナミズキ」というと一青窈の代名詞になっている気がします。3月に生徒へお別れのプレゼントとして一青窈のベスト・アルバムをあげたあと、どの曲が気に入ったか聞いてみたのですが、みんな「ハナミズキ」と答えていました。この曲には世代を超えた、人を惹きつける「力」があると思います。かつてTVで一青窈が「この曲は9・11のNYテロが起きた時にできた曲」と言っていたのに興味を持ち、その時以来、彼女のファンとなりました。特に解説を聞かずに、自分の想像力でこの曲の詩を理解してみようと思いました。私がすぐに思い浮かんだのは、テロにあったNY貿易センター・ビルの内部での風景。パニック状況の中、ある男性が女性に向かって「僕はいいから、君は早く逃げろ!」と言って、女性を避難させた直後、ビルが崩れていく、そんな風景を想像しました。それからだいぶ経ったあと、この想像が一青窈の考えとそれ程違ってはいないことを知りました。「君と好きな人が百年続きますように」素敵な言葉ですね。「楽しければそれでいい」的な風潮がある現在の日本のポップ・ミュージックに、この曲は一石を投じていると言えます。

1年前の4月、千葉県民ホールに行く途中で、とてもきれいな「薄紅色」のハナミズキの街路樹を見つめていたのを思い出しました。

1990年3月、東京のある小学校で、ポールが環境保護を訴えてハナミズキを植樹しています。今では大きな木になって、毎年きれいな花を咲かせるそうです。

|

2007年4月10日 (火)

ビートルズ解散の日

37年前の今日、ポールが「音楽的意見の相違からビートルズを脱退する」と、ニューアルバムのプレスキットを通じて発表しました。つまり、この日がビートルズ終焉の日ということになります。ジョンとの出会いから13年での決別。ビートルズのデビューからはたった8年。こんなに短い期間しか活動しなかったのに、未だに輝き続けるロック・バンドってほんとに素晴らしいと思います。

あと10年、20年、50年、100年と時間が経っていったら、ビートルズはどうなっているのだろう。今はもうレコードやCDなど「物」の形で音楽が存在しない時代に入りました。ビートルズの曲ももうすぐ同じ状況になろうとしています。だからこそ、オリジナルのアナログ・レコードは大切にしたい。金銭的な価値ではなく、ARCHIVE(歴史的資料)として扱われる日がいつの日か来ると思うからです。ネット配信という形は、私にはあまりにも「軽く」感じられてしかたがないのです。

ビートルズが終わり、ポール・マッカートニーというソロのアーティストが誕生したこの4月10日という日も、永遠に語り継がれるような気がします。

|

2007年4月 8日 (日)

ジョンの詩・その3

久しぶりにジョンの詩について。ジョンの女性に対する考えはどんなものだったのかを考えてみます。

選んだ詩はもちろん“WOMAN”。この曲には思い出があって、1980年にジョンが死んだ時に泣きながら聴いていました。メロディと詩があまりにも切なく響いて、感傷的になったのだと思います。

Woman I can hardly express                      君になかなかうまく伝えられない

My mixed emotions at my thoughtlessness 僕の思いやりの無い混乱した感情を

After all I'm forever in your debt       結局君には一生借りがあるということ

And woman I will try to express        それでも何とか伝えてみよう

My inner feelings and thankfulness      僕の心の内と感謝の気持ちを

For showing me the meaning of success   成功の意味を教えてくれた君に

うーん、すごい詩ですねえ。本当にジョン・レノンという人は、女性に対して「深い愛」を示そうとしていたことがわかります。「愛」がこんなにも軽い時代はかつてなかったのではないかと思うくらい、すぐ離婚したり、もっとひどい場合には相手を殺してしまうことさえする今の世の中。彼が生きていたら、現在の状況をどう思っただろうか。この詩にもあるとおり、「愛=相手に対する深い感謝の気持ち」という公式があって、それがなくなると「さようなら」ということになるのだと思います。ジョンの詩の中にthankfulnessという言葉が見られるのはこの曲くらいではないでしょうか。違う言葉で小野洋子さんに愛を表現してはいますが。

自分のかつての生徒や若い人たちがこのブログを見ていてくれたら、これだけは伝えたいです。「軽薄な愛は続かない。深い愛は永遠に続く」と。すぐ「告った」だとか言うけれど、そんな軽いものでは一生「愛」はわからないよ。お互い深い「感謝」の気持ちを持っていなければ、愛は続かない。感情的な「かっこいい」とか「可愛い」なんて気持ちだけで男女の仲は続かないのだよ。

何か説教じみた内容になってしまった。まだ「教員」が抜けきっていませんね。(笑)

ジョンは死の直前のインタビューで「僕はこの歌の最初で“For the other half of the sky(もう半分の空に向かって)”と呟いている。それは毛沢東の言葉なんだけど、僕はすべての女性に向かって呼びかけているんだ」みたいなことを言っていました。こんな歌を作れる人はもういないですね。

|

2007年4月 5日 (木)

ビートルズ不滅の記録とダイアナ妃追悼コンサート

久しぶりにたっぷりとビートルズの話題を。書こう、書こうと思っていたのに、結局書き忘れて、1日遅れてしまった話題がここにあります。

1964年4月4日にとんでもない記録が、ビートルズによって打ち立てられました。アメリカ「キャッシュ・ボックス」(日本でいうとオリコン)のシングル・ヒットチャートの1位から5位までを独占!

1位 Can't Buy Me Love
2位 Twist and Shout
3位 She Loves You
4位 I Want to Hold Your Hand
5位 Please Please Me

同日のヒットチャートを見ると、100位までの中にあと7曲も入っているのです。

31位 I Saw Her Standing There
41位 From Me to You 
46位 Do You Want to Know a Secret 
58位 All My Loving 
65位 You Can't Do That 
68位 Roll Over Beethoven 

79位 Thank You Girl

まだまだ終わりません。次の週のヒットチャート100位までの中には、2曲(“Love Me Do”と“There's a Place”)が追加されて、合計なんと14曲がランキング入り。こんなことはもう起きないのではないかなと思います。

そう思うと、日本国内だけで、「○’zがシングル連続NO.1が××曲目!」とか「宇○田ヒ△ルがアルバムを×××万枚売った」とか言っても、「それがどうしたの?」って言いたくなってしまいます。特に今の日本のヒットチャートの軽さといったら...。

最近の話題を。ダイアナ妃が悲劇の死を遂げてから今年で10年。彼女の誕生日である7月1日にイギリスのウェンブリー・アリーナで追悼コンサートが開催されます。デュラン・デュランやエルトン・ジョンの参加はほぼ確実のようですが、どうやらポールも出演する可能性が高くなって来たようです。そうなると久しぶりのポールのライブとなります。離婚問題でファンもウンザリしていたので、とても明るいニュースですね。因みにチケットは完売している模様。ついでに“SGT. PEPPER'S 40周年ツアー”なんて、やってくれないかなあ。追悼コンサートの記事は以下のURLへ。

http://www.afpbb.com/article/1414278

|

2007年4月 2日 (月)

初仕事!

いよいよ新しい仕事が始まりました。今までは、腰や膝を痛めていたこともあり、朝早く起きるのは辛かったのですが、今日からは8時30分に家を出て、9時45分から仕事なので身体的には大変楽です。この時間帯での東京への出勤だと、電車も思っていたより混雑はしておらず、昔東京へ通勤していた頃よりずっと楽ですね。勤務地の港区三田は慶応大学のそばということもあり、ちょっとおしゃれな感じです。(でもやっぱり人は多いなあ。幕張は三田に比べれば田舎だったなあ)

今日は初めに会議があり、私の紹介が行われました。オフィスは私を含めて13人。少数精鋭の仕事場です。女性が3人、男性が10人で年齢は20代から50代まで。でも皆さん若い感じがします。

今日の私の仕事は、WEBに載せる写真選びとWEBマスターとしてのPCの操作方法を確認することでした。これから沢山勉強しなければいけないなと思った1日でした。

家に帰ったら、HMVからメールが来ていて、ビートルズの“LOVE”アナログ盤の発売が延びているとのこと。別に急いで聴きたいわけではないが、当初は1月発売だったのだから待たせ過ぎ。EMIのやることは本当にダメだなあ。だからポールに逃げられてしまったのだよ。最近のニュースでは、あのデビューアルバム“PLEASE PLEASE ME”のジャケット写真のフィルムを、こともあろうに掃除のおばさんに捨てられてしまうという失態までやらかしてしまったEMI。(もう永遠にオリジナル写真はできないとのこと)アメリカ資本のワーナーに身売りの話もでているらしい。ということは、東芝EMIがワーナーになってしまうのか。時代の流れを感じてしまいます。

|

2007年4月 1日 (日)

映画「あかね空」(舞台挨拶付き)と花見、そして...

3月最後の日、昼間は映画「あかね空」(内野聖陽、中谷美紀などの舞台挨拶がありました)を鑑賞、その後は靖国神社と千鳥ヶ淵へ花見に行きました。

映画「あかね空」は色々な点で感動した映画です。CGによって再現された永代橋を見ることができたり、今は忘れ去られてしまっている江戸の人々の人情を感じ取ることができたり、また、出演俳優、女優の見事な演技に圧倒されたりで、前日の“ROCKY”でも泣かなかった私が、3度ばかり涙が頬を伝わったのです。時代劇が見直されてきている今、是非多くの人たち(特に若い人たち)に観て欲しい映画です。舞台挨拶を見るのは初めてだったのですが、マスコミ関係者がいない午後の部では、出演者もリラックスした雰囲気で、浜本監督のファッションの話題を中心に場内も大きな笑い声に包まれました。

「あかね空」の公式サイトへは以下のURLで。

http://akanezora.cocolog-nifty.com/blog/

花見なんて何年ぶりだろう。教員になってからはまともに花見に行った覚えがないから、25年ぶりくらいかなあ。

Chidorigafuchi1 それにしてもこの日の千鳥ヶ淵の桜は物凄かった!靖国神社(ここには開花予想の基準になる桜があるのです)に行ったあと、まだ明るいうちとライトアップされてからの2回行ってみたのですが、どちらも本当に素晴らしかったです。左の写真は明るいうちの千鳥ヶ淵の桜。まるで雪景色のような、ほぼ満開の桜でした。

  

Chidorigafuchi2

この写真はライトアップされた桜。昼間とは大分異なる幻想的な桜でした。こんな素敵な花見を今までしたことがなかったなんて、つくづく自分の生活には余裕がなかったのだなあと感じました。

 

                                          

今日4月1日は、亡き父の誕生日。父の思い出はたくさんあるのですが、本当に多くのエピソードを持った人でした。

その1。私が小学生の頃、いつものように夜遅く帰った父は、母から家を閉め出され仕方なくベランダで寝ていたのでした。そこへ「泥ちゃん」が家の庭に忍び込んできました。入って来た所からじっと見つめていた父が「貴様!何者だ!」と怒鳴りつけ、びっくりした泥ちゃんは一目散に逃げたのでありました。

その2。身の回りは本当にきちんとする父でしたが(これはきっと海軍兵学校で学んだことなのだと思います)、料理は全くダメな人でした。焼きそばを作れば、フライパンに火がついて真っ黒こげの「炭」だけが残るし(自分の髪の毛も燃やしました)、電子レンジでゆで卵を作ろうとして「爆発」させるしで、料理の才能ゼロの親父でしたが、そんな彼でもひとつだけ作れる料理がありました。それはキャベツを粗切りにして油で炒め、そこへ卵を落としてスクランブル・エッグのようにし、塩、胡椒をかけて出来上がりというごく簡単なものですが、これが結構美味しいのです。特にご飯によく合うのです。皆さん、是非お試し下さい!

その3。バスピカ事件。風呂に入っていた父は、黄色いボトルの「バスピカ」(塩素系浴槽洗浄剤)をシャンプーだと思い、頭にかけます。数分後、風呂から出てきた父が曰く、「あの黄色い入れ物のシャンプーは頭がチリチリするぞ!」

それ以外では、私が小学校3年生の頃、友達と野球をしたいがために塾を何回かサボり行ったふりをしていると、家の八畳の部屋へ父に呼ばれ、問答無用で数発平手打ちされたこと。(映画「あかね空」の父親永吉が息子の栄太郎を叩く場面では、このことを思い出しました)海軍仕込みのビンタでしたので、頬は腫れ上がって声もでなくなり、次の日授業中に先生の質問に対してきちんと正解がわかっていたのに、「ヒューヒュー」としか声が出ず、クラスメートから笑われた思い出があります。でもしっかり子供の「嘘」を見抜き、毅然とした態度で接してくれた父には、心から感謝しています。

エイプリル・フール生まれの父は、決して「嘘」を許さない人でした。

1964年4月1日は、ジョン・レノンが10数年ぶりに父親と再会した日でもありました。

|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »