« Happy birthday, George! | トップページ | SGT. PEPPER'S NIMBUS SUPERCUT »

2007年3月 2日 (金)

パティ・ボイド

Patti_boydジョージの元の奥さんといえばパティ。今日3月2日は、ジョージとパティが初めて出会った日。モデルをしていた時、ビートルズの映画“A Hard Day's Night”に出演し、ジョージが一目惚れ。うーん、この美貌ならば、ジョージだけではなく、男は皆Knock Out状態になるでしょう。(笑)よくジョージの名曲“Something”がパティのことを歌ったと言われますが、それは大きな間違い。ジョージ自身が1991年の来日公演前のインタビューで、「Somethingは特定の女性を歌ったものではない」と答えています。次のURLでジョージ自身によるその発言を聞くことができます。

http://www.youtube.com/watch?v=qJgineevJDA&mode=related&search=

 

Pattiboyd ジョージがパティのことを歌ったのは“Isn't It A Pity”。アルバム“All Things Must Pass”の中の原曲もいいですが、“Live In Japan”のライヴ・ヴァージョンは最高です。ライヴ・ヴァージョンを聞いて、この曲の素晴らしさを再認識しました。日本公演でアンコール前のラスト曲に選ばれたのも頷けます。

 

Pattieric 親友ジョージの妻に心を奪われてしまったエリック・クラプトンは、彼女のことを歌った名曲“Layla”を1970年に発表します。ジョージとの結婚生活にヒビが入ってしまった頃、パティはエリック・クラプトンのもとへ。パティはジョージと離婚し、エリックと結婚。その後、“Wonderful Tonight”、“Old Love”といったパティをテーマにした名曲が生まれます。大親友だったエリックに裏切られた形になったジョージの気持ちはどんなものだったのでしょうか。数年後、エリックもパティと離婚することになります。

 

92pattie8 左の写真は今から15年前のパティ・ボイド。エリックとの離婚後は再婚はしていないようです。(ボーイフレンドはいるようですが)

ジョージの死後、悲しみに暮れていたオリヴィアの相談相手になってあげたこともあるとのこと。現在では、写真家として活動。また、自伝を書くという話がずいぶん前に出ていましたが、未だに発表されていません。

ビートルズのメンバーの最初の奥さんは、みんな不幸になっているような気がします。ジョンの元妻シンシアは事業をことごとく失敗してますし、リンダ・マッカートニーは癌で死亡。リンゴの前妻モーリンも闘病の末、死去。(病名は明らかにされていません)パティは大丈夫でしょうかねえ?

|

« Happy birthday, George! | トップページ | SGT. PEPPER'S NIMBUS SUPERCUT »