« SGT. PEPPER'S NIMBUS SUPERCUT | トップページ | 幸せを感じた日 »

2007年3月14日 (水)

ワシントンD.C.コンサートのクローズド・サーキット

Rimg1272_1 43年前の今日、全米でワシントンDCコンサート(2月11日に行われたアメリカ初のコンサート)のフィルム上映会が、クローズド・サーキット(有線にて限られた会場で、生中継やフィルムなどを上映するシステム)で開催されました。あのゼリー・ビーンズが投げ込まれた熱狂的なコンサートが、アメリカ各地の映画館で上映されたことにより、エド・サリバン・ショーから始まったビートルズ熱にますます拍車がかかります。写真はワシントン州スポーケン市で行われた時のチケットと新聞広告です。

Rimg1279 このチケットと新聞広告のセットは、インターネットでスポーケンにあるビートルズショップから購入したのですが、このスポーケンという町は偶然にも、私が勤務している高校がホームステイを行っている場所なのです。雄大な自然に囲まれた素晴らしい町で、私も3回のホームステイで大勢の友人ができました。お世話になったファミリーと20年近くもクリスマス・カードのやりとりをしています。

Rimg1275 アメリカの中ではそれほど大きな町ではないのですが、このような地方都市に今でもビートルズ・ショップがあるのは驚きです。オーナーのボブ・ギャラガーさんは信頼できる方で、私はかなりの数のビートルズ及びソロのプロモ盤を購入しました。とても良心的な価格でした。

Rimg1276 「クローズド・サーキット」で思い出すのが、ポールのソロとしては初の日本公演。1990年3月9日の東京ドーム公演を、各地の会場で見ることができました。(その映像の一部がブート・ビデオで出回っていました)フジ・テレビではその深夜に、“Put It There”1曲だけが放映されたのを覚えています。

この全米で行われたクローズド・サーキットのあとは、ビートルズの曲がヒット・チャート上位(4月4日付ビルボード誌1位から5位まで)を独占するなど、ビートルズ伝説の幕開けとなります。

|

« SGT. PEPPER'S NIMBUS SUPERCUT | トップページ | 幸せを感じた日 »